全米映画興行成績 Top 5 / 8月2日〜4日付&8月9日〜11日付

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2019年8月2日〜4日付の全米映画興行成績 Top 5

今週末全国規模で公開された新作は1本。4253館で公開された『Fast & Furioous Presents: Hobbs & Shaw』はワイルド・スピードシリーズのスピンオフで10作目となります。タイトルが示すように今回の主役はドゥエイン・ジョンソンとジェイソン・ステイサム。そのオープニングは、本編ほどの大ヒットではないですが、それでも6000万ドルは立派だと思います。

1(-) Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw 6003万ドル

2(1) The Lion King 3852万ドル

3(2) Once Upon a Time in Hollywood 2001万ドル

4(3) Spider-Man: Far from Home 790万ドル

5(4) Toy Story 4 734万ドル

 

2019年8月9日〜11日付の全米映画興行成績 Top 5

今週末全国規模で公開された新作は4本。3735館で公開された『Dora and the Lost City of Gold』は2000年からスタートしたアメリカの教育アニメ『Dora the Explorer』の実写映画化です。TV版は2000年から2019年までで8シーズンが放送されています。3135館で公開された『Scary Stories to Tell in the Dark』はギレルモ・デル・トロ製作のホラー。子供向けの同名のホラー小説(著者はAlvin Schwartz)の映画化です。2765館で公開された『The Art of Racing in the Rain』は犬の視線から描くお話で、Garth Steinの同名小説を原作としたコメディ・ドラマ。2745館で公開された『The Kitchen』は1970年代を舞台に夫たちが逮捕され残された妻たちがビジネスを仕切り始めるというクライム・ドラマ。

同じような規模の映画が4本も公開されて、分散した結果か各映画が全体的に低い数字になってしまいました。全体的にはそんなに低いという訳ではないんですが。

1(1) Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw 2526万ドル

2(-) Scary Stories to Tell in the Dark 2091万ドル

3(2) The Lion King 2020万ドル

4(-) Dora and the Lost City of Gold 1743万ドル

5(3) Once Upon a Time in Hollywood 1165万ドル

無料ブログ作成サービス JUGEM