タイに旅行に来ていたカップルは邪悪な霊にとり憑かれてしまいます 『Ghost House』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年8月3日〜6日付のマレーシア興行成績で第3位になったのは、彼ら自身を見直すためにタイに冒険の旅行に来ていた若いカップルが邪悪な霊に取り憑かれるというタイとアメリカの合作『Ghost House』です。アメリカでは8月25日の公開予定。タイの予定はちょっと不明です。Top 3全てが新作の中、1位の「The Dark Tower」、2位の「战狼2」には及ばなかったものの3位には入りました。ちなみにシンガポールのTop 10には8位にインドネシアの大ヒットホラー「The Doll 2」も入っています。

 

若いカップルのジムとジュリーはタイに休暇にきています。ジュリーはそこで「ゴーストハウス」と呼ばれる小さな神社に出くわし恋に落ちました。この「ゴーストハウス」は霊にシェルターと快適さが与えられると信じられています。イギリスの旅行者カップルがジムとジュリーにゴーストハウスの墓場を見せると約束して田舎へ連れてきました。そこはたくさんの神社が打ち捨てられていました。土産を持ってその墓場から出たのち、ジュリーは邪悪な霊の訪問に悩まされるようになります。霊は彼女の精神と生命を脅かします。ジュリーがその恐怖によって凍ったような状態になってしまったのち、ジムは彼女を失わないためにこの呪いを破る方法を見つけ出さなくてはなりません。

 

監督はRich Ragsdale、出演はScout Taylor-Compton, James Landry Hébert, Mark Boone Juniorです。

2017年度 ファンタジア国際映画祭 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年7月13日〜8月2日にかけてカナダのモントリオールで行われたファンタジア国際映画祭の結果が発表されました。北米最大のジャンル映画祭を謳っていて、その名の通りアクション、ファンタジー、ホラー、SF、アニメなど多くのジャンルの映画が上映されるすごく規模の大きな映画祭です。1996年からスタートして今年で21回目を迎えます。初期の頃はFANT・ASIAという表記でも分るようにアジアの映画がかなり上映されるこの映画祭、出品作の半数くらいがアジアの映画なのだそうです。設定されている賞は大きくわけて審査員賞と観客賞があり、審査員賞の最優秀作品賞は黒馬賞(シュバル・ノワール賞)と呼ばれます。

 

モントリオールはカナダのケベック州にある町です。ケベック州はカナダ国内で唯一フランス語のみを公用語に定めている地域です。フランス系カナダ人が多く、町もフランス文化を感じる異国的な文化が特徴です。その為観光客向けには北米のパリとも宣伝されています。

 

2017年度の出品作品は次の通りです。長編のみご紹介します。

 

68 Kill / 78/52 / Abu / Almost Coming, Almost Dying / L'Ange et la femme / Animals / Another Wolfcop / Assholes / Atomic Blonde / Attraction / Aztec Revenge / Bad Black / Bad Genius / Bastard Swordsman / Better Watch Out / Bitch / Blade of the Immortal / The Blue Man / Boyka: Undisputed / Brigsby Bear / Broken Sword Hero / Bushwick / Cold Hell / Colossal / Confidential Assignment / The Crazies / Dan Dream / Darkland / A Day / Dead Man Tells His Own Tale / Dead Shack / Death Line / Death Note: Light Up the New World / Death Warrior / Deliver Us / Drib / The Endless / Expo 67 Mission Impossible / Extraordinary Mission / Fabricated City / Fashionista / The Final Master / Free and Easy / Friendly Beast / Fritz Lang / Galère au Brésil / Game of Death / Geek Girls / Genocidal Organ / A Ghost Story / Gintama / God of War / God Told Me To / Good Time / Gurgaon / The H-Man / Have a Nice Day / The Honor Farm / House of the Disappeared / Indiana / Innocent Curse / It's Alive / Jailbreak / Japanese Girls Never Die / Jojo's Bizarre Adventure: Diamond Is Unbreakable / Junk Head / Karmina / Kedi / Killing Ground / Kills on Wheels / King Gohen / Kodoku Meatball Machine / The Laplace's Demon / Let There Be Light / Liberation Day / The Little Hours / Love and Other Cults / Lowlife / Lu Over the Wall / M.F.A. / Ma vie de Courgette / Made in Hong Kong / The Man Who Laughs / The Man Who Saved the World / Le Manoir / Mayhem / Mohawk / The Mole Song: Hong Kong Capriccio / Mon mon mon MONSTERS! / Money's Money / Most Beautiful Island / Mumon: The Land of Stealth / Museum / My Friend Dahmer / ねむり姫 / Night is Short, Walk On Girl / The Night of the Virgin / The Night Watchmen / Nomad / November / Origami / Overdrive / Patti Cake$ / Plan B / Poor Agnes / Pork Pie / Prey / Le problème d'infiltration / Punk Fu Zombie / Q: The Winged Serpent / Radius / Rafales / Rage / Replace / Ron Goossens, Low-Budget Stuntman / S.U.M.1 / Santo contre les momies de Guanajuato / Savage Dog / The Senior Class / Sequence Break / Le serpent aux mille coupures / The Sheriff In Town / Shin Godzilla / Shinjuku Swan II / Shock Wave / Simon les nuages / Split / Pokot / Super Dark Times / Suspiria: 40th Anniversary 4K Restoration / A Taxi Driver / Teiichi: Battle of the Supreme High / Terminator 2: Judgment Day 3D / Terreur 404 / A Thousand Junkies / Tiger Girl / Tilt / Tokyo Ghoul / Tokyo Idols / The Tokyo Night Sky Is Always the Densest Shade of Blue / Tom of Finland / Town in a Lake / Tragedy Girls / Valerian and the City of a Thousand Planets / Vampire Cleanup Department / The Villainess / Le Viol du vampire / What a Wonderful Family! 2 / Wild Blood / Wu Kong / You Only Live Once

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。主なものをご紹介します。

 

CHEVAL NOIR

最優秀作品賞 Pokot

最優秀監督賞 Nattawut Poonpiriya "Bad Genius"

最優秀脚本賞 Marianna Palka "Bitch"

最優秀男優賞 Song Kang-ho "A Taxi Driver"

最優秀女優賞 Violetta Schuuurwlow "Cold Hell"

審査員特別賞 Lowfile

NEW FRESH AWARD

最優秀作品賞 Split

審査員特別賞 Night of the Virgin

AQCC-Camera Lucida AWARD

最優秀作品賞 A Ghost Story

審査員特別賞 Town in a Lake

SATOSHI KON AWARD

最優秀作品賞 Have a Nice Day

審査員特別賞 Junk Head

 

観客賞

欧州・南北アメリカ部門第1位 Better Watch Out

アジア部門第1位       Bad Genius

カナダ部門第1位       Another Wolfcop

アニメ部門第1位       Napping Princess

 

CHEVAL NOIRの最優秀作品賞に選ばれた『Pokot』は、年配の女性Janina DuszejkoはKlodzko Valleyにたった1人で住んでいます。そこは一連の謎の犯罪が行われている場所でした。Duszejkoはこの連続殺人事件の犯人が誰か、または何かを彼女が知っていたとしても、誰も彼女のいう事を信じる者はいないと確信しています、というポーランドのお話。

最優秀監督賞とアジア部門観客賞に選ばれた『Bad Genius』は、多くの若い人たちにとって期末試験はストレスと不安の悪夢です。あまり華々しくないリンの複雑な数学に対する巧みなわざはみんなの知るところとなりました。リンは数学で高得点を取る事ができます。それは家族のため?お金のため? 彼女は困っている友人を助けますが、それが彼女が代理試験をするクライアントを増やす事になってしまいます、というタイのお話。

最優秀脚本賞に選ばれた『Bitch』は、ジルは4人の子供を持つ主婦です。夫は浮気をし、つまらない毎日の日課は徐々に彼女を押し殺していきます。夫のビルは家族のためにお金を作る事に重点を置いているので浮気には感情的な重みはありません。そして彼はジルの家での忍耐を認識していませんでした。子供たちは何かが間違っている事を知っています。自分たちも問題の一部であるかもしれませんが、彼らには何もできません。一方謎の犬が家の前に昼夜現れます。監視しているのでしょうか? ある日ジルは完全に壊れ、話す能力を失い、犬のような状態になってしまいます。変化が来ています。そしてジルはもやは無視されます、というアメリカのお話。

最優秀男優賞に選ばれた『A Taxi Driver』は、1980年5月のソウル。独裁者Chun Doo-hwanによって発せられた厳戒令宣言に対するデモが行われていました。気難しいタクシー運転手は彼を動かさないデモ隊を呪っています。妻の死後、1人で娘を育てているMan-seobは借金で首が回らなくなっていました。厳戒令の元では一般人の夜間の行き来が禁止されます。その通行時間までに光州に行けば高いお金を払ってくれるというドイツの記者を乗せ、彼は光州に向かうのですが、光州で何が起こっているのか、彼は何も知りませんでした、という韓国のお話。

最優秀女優賞に選ばれた『Cold Hell』は、Ozgeはトルコで生まれたタクシー・ドライバーで、タイのボクシングを練習しながらウィーンの通りをドライブしています。ある日、Ozgeは彼女のアパートの窓から殺人を目撃し、イスラム原理主義の殺人者のターゲットになってしまったことを知ります、というドイツとオーストリアのお話。

審査員特別賞に選ばれた『Lowfile』は、戦いを愛している広義のヒーローと見られているEl Monstruoはこっそり恥辱の中で生きていました。残忍なカルテルの臓器密売業者に雇われ、彼らは助けを求めてマスク・ファイターの方を見る沢山の犠牲者を出しています。彼の妊娠8ヶ月の妻Kayleeは彼の唯一の希望のかがり火です。Crystalは臓器移植が必要な夫を必死に助けようとしている元麻薬中毒の中年女性です。2人の人生の道が交差します、というアメリカのお話。

NEW FRESH AWARDの最優秀作品賞に選ばれた『Split』は、かつてCheol-jongは無敵のボウリング・チャンピオンでした。深刻なひざの負傷の後、彼のプロのキャリアは終わりを告げました。今、彼は埋立地で働き、アンダーグラウンドのゲームに参加しています。危険な賭けをしてお金を稼いでいました。ある日、Cheol-jongは衝撃的な速さで勝ちを集める若き天才Young-hoonを知ります、という韓国のお話。

審査員特別賞に選ばれた『Night of the Virgin』は、大晦日の夜、絶望的な孤独な青年は魅力的な年上の女性のいるアパートメントに戻ってきて彼女に魅了されました。彼は喜びの夜の中にいると考えます。おそらくは彼の人生の中でも。彼は半分は正しかったのです。なぜならこの夜がもたらすものを経験したのち、彼は決して同じ事をしようとはしないだろうからです、というスペインのお話。

AQCC-Camera Lucida AWARDの最優秀作品賞に選ばれた『A Ghost Story』は、Cは妻のMと小さな郊外の住宅に住む芽の出ないミュージシャンです。ある夜彼らのピアノから重い音が聞こえますが、ノイズの原因が分りません。その後Cは家の外で交通事故で亡くなってしまいました。遺体安置場で彼は目の所が2箇所くりぬかれたシーツを被った幽霊として目覚めました、というアメリカのお話。

審査員特別賞に選ばれた『Town in a Lake』は、闇夜の中でお父さんは何か奇妙なものを目撃します。男たちのグループが16歳の2人の少女を車に連れ込んでいました。そしてジャングルの中へと出発しました。次の日、女の子の1人が殺されて発見されました。そして彼女の仲間は痕跡もなく消えてしまったのです。フィリピンのこの海辺にある町ではそのような事は起こった事がありませんでした(本当にそうでしょうか?)。コミュニティはこの事件に揺れ、捜索隊が結成されます。一方唯一の目撃者は困難な決定に直面していました。このまま黙っているか、それとも彼の町を永遠に変えてしまうかで…というフィリピンのお話。

SATOSHI KON AWARDの最優秀作品賞に選ばれた『Have a Nice Day』は、中国南部の都市、100万元の入ったバッグが異なった動機を背景にした数人の人たちによって運ばれていく様を描く中国のアニメ。

審査員特別賞に選ばれた『Junk Head』は、環境破壊やウィルスによって人口が10分の1になったものの、遺伝子組み換え技術によって不死の体を手に入れた人類は生殖機能を失ってしまいます。そこでクローンに生殖機能の可能性を発見するのですが…という日本のストップモーション・アニメ。

観客賞の欧州・南北アメリカ部門第1位に選ばれた『Better Watch Out』は、リュークは郊外に住む思いやりを持った両親を持つ普通の男の子。お父さんとお母さんが夜出かけるとき、リュークはベビーシッターを頼まれたアシュリーに自分の想いを伝えようとします。しかし彼らはすぐに知る事になります。何者かが彼らに何かをしようとしているのを。外部へのコミュニケーションが絶たれた状況で家の中に閉じ込められ、状況は猫とネズミの追いかけっことなります。それは生き残るための戦いです、というオーストラリアのお話。

カナダ部門第1位に選ばれた『Another Wolfcop』は、アル中の狼男警官ルー・ガルーは、邪悪な考えを持ったビジネスマンが新醸造所しいウッドヘブンの住人を誘惑したとき素早く行動を起こします、というカナダホラー・コメディ第2弾。

アニメ部門第1位に選ばれた『Napping Princess』は、「ひるね姫」の事です。倉敷でお父さんと2人暮らしをしている森川ココネは最近同じ夢を見るようになります。そんなある日、2020年の東京オリンピックの3日前、突然お父さんが警察に逮捕され東京に連れて行かれます。ココネはお父さんに一体何があったのかを知る為に、幼なじみの大学生モリオを連れて東京に向かうのですが、彼女がいつも見ている夢に、事態を解決する鍵がある事に気付きます、という日本のアニメ。

裁判で無罪を勝ち取る事はできるのでしょうか 『Contratiempo』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年7月20日〜23日付のギリシャ興行成績で第1位になったのは、2012年の「El Cuerpo」(日本でのタイトルは「ロスト・ボディ」。死体安置所から女性の遺体が消えるというところから始まるスリラー)に続くオリオル・パウロの長編監督作品第2弾『Contratiempo』です。ここから2週連続のNo.1ヒットとなりました。この映画はスペイン映画ですが、本国では2017年の1月に公開されて3位になりました。英語のタイトルは「The Invisible Guest」、ですので日本タイトルは「インビジブル・ゲスト 悪魔の証明」となります。

 

ハンサムで若いビジネスマンのエイドリアン・ドリアは若い写真家で恋人のローラ・ビダルの殺害容疑で起訴されています。この殺人事件に対して法廷での防御のために、彼の弁護士フェリックスは凄腕の弁護士バージニア・グッドマンを呼び寄せます。エイドリアンは家での逮捕下に置かれているのでバージニアは彼の元を訪れます。そして検察側は新しい証人を用意している、そのため裁判官は今夜裁判を行うかもしれないと告げるのでした。エイドリアンはバージニアに彼とローラが数ヶ月前に関係を終わらせる決意をした事を教えます。しかし2人は10万ユーロを持って町から遠いホテルに来いとの脅迫電話を受けたのでした。ホテルでエイドリアンとローラはこれが罠である事を知ります。そこで急いでその場を離れようとしたのですが、何者かによって頭を殴られ意識を失ったというのです。

 

監督はOriol Paulo、出演はAdrián DoriaにMario Casas、Virginia GoodmanにAna Wagener、Tomás GarridoにJosé Coronado、Laura VidalにBárbara Lennie、Félix LeivaにFrancesc Orellaです。

エジプトのアクション映画が大ヒット 『Forced Escape』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年6月21日〜25日付のエジプト興行成績で第1位になったのは、『هروب اضطراري』(英語タイトルは「Forced Escape」)です。ここから6週連続No.1の大ヒットとなっています。実際には殺人事件に関与していないのに逮捕された4人の人物が協力して警察から逃げ出すというお話。4人はあるビジネスマンの息子の殺人事件の際すぐ近くにいた容疑者ですが、彼らは身の潔白を証明するために真犯人を探し出さなくてはなりません。主演の1人Ahmed El Sakkaはエジプトのナンバー1アクションスターとも言われているようです。

 

Adham、Nada、Moustafa、Mustafaの4人は彼らの住むアパートで起こったビジネスマンの殺人事件の容疑者として警察に逮捕されます。4人は殺人事件のあったアパートの中にいますが、彼らが本当にそれをしたのでしょうか?Adhamは本当の真犯人を探し出すために他の3人の逮捕された者たちと一緒に警察から逃亡します。

 

監督は、出演はAdham AwaadにAhmed El Sakka、Nada RamzyにGhada Adel、Moustafa Mokhtar にAmir Karara、Mustafa KhaterにYoussef Muhammedです。

エクスペンダブルズ2

日記 comments(0) - こぶたのゆう



2012年8月17日〜19日付 全米映画興行成績第1位 2859万ドル。
ここから2週連続のNo.1となりました。前作が1億ドル越えしたのに比べるとトータル8500万ドルは少し物足りなかったかなとも思います。でも世界的にはかなりヒットしていて、トータルで3億ドルを超えました。前作のワールドワイドのトータル興行成績が2億7000万ドルでしたから、世界的規模で見れば前作を越える大ヒットとなった訳ですね。そんな人気シリーズとなったからなのか、「エクスペンダブル3」が2014年8月15日にアメリカで公開予定となっています。

バーニー・ロス率いる傭兵部隊エクスペンダブルズは、ネパールで誘拐された中国人富豪の救出作戦をする事になります。見事に成功させるチームですが、新人のビリーはこの稼業から足を洗いたいとバーニーに申し出ます。そんな時、CIAのチャーチが前回の借りを返せと、新たな仕事を持ってきました。アルバニア山中に墜落した輸送機の荷物を回収するというものです。仕事を受けなければ全員刑務所行きだと脅されてしまい、仕方なく引き受ける事にするのですが、今回の仕事にチャーチの部下であるマギーが同行する事が条件でした。そして墜落現場で荷物を確保するのですが、同じ荷物を狙っていたジャン・ヴィラン率いる犯罪武装集団サングに奇襲され、荷物は奪われ、ビリーは殺されてしまいます。荷物は旧ソ連が隠していた大量のプルトニウムのありかを示すデータでした。それが何者かの手に渡れば世界の勢力図が変わってしまいます。サングからデータを取り戻すため、そしてビリーの復讐のため、エクスペンダブルズはサングを追いかけるのでした。

とにかくキャストが往年のアクションスター勢ぞろいという贅沢な内容です。今回はジェット・リーの出番が序盤のみという寂しいものですが、その分前作ではチョイ出演だったブルース・ウィリスとアーノルド・シュワルツェネッガーが今回は大活躍。途中から力を貸してくれる一匹狼のブッカーにチャック・ノリスだの、敵のボスのジャン・ヴィランにジャンークロード・ヴァン・ダムだと出演者が派手です。それにしてもジャンークロード・ヴァン・ダムの悪役はハマってますね。本当にいやらしい程の非情な敵役を見事に演じていました。戦争映画と違って、こういうアクション映画は細かい事を気にせず見られるエンターテインメントで、楽しく見られました。

監督はSimon West、出演はバーニー・ロスにシルベスター・スタローン、リー・クリスマスにジェイソン・ステイサム、ガンナー・ヤンセンにドルフ・ラングレン、マギー・チャンにユー・ナンです。

2017年度 グロスマン・ファンタスティック映画&ワイン・フェスティバル 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年7月11日〜15日にかけてスロベニアのリュトメルで開催されたグロスマン・ファンタスティック映画&ワイン・フェスティバルの結果が発表されました。この映画の特色は映画祭と一緒にワインのコンペティションも開催されるところにあります。今年最優秀に選ばれたワインはスロベニアの東端、Bizeljskoの町のŠekoranjaファミリーによるPinot Gris 2015でした。5つのブドウ畑で45の異なるブドウの品種を4万株、プレミア品質のワインを作るために育てているんだそうです。すごい!

 

2017年度の出品作品は次のようになっています。主なものをご紹介します。

 

長編映画競争部門

Lyst / Ron Goossens, Low budget Stuntman / Replace / La noche del virgen / A floresta das almas perdodas / The Devil Within

非競争部門

Forgotten Scares: An In-depth Lock at Flemish Horror Cinema / Fashionista / Mal nosso / Inkarnacija / K-Shop / Cinebasura: La peli / Happy Hunting / Who's Watching Oliver / 68 Kill / Bad Black / Dave Made a Maze / El ataúd de cristal / A repartição do tempo

メリエス・ダルジャン部門

El invernadero / Margaux / iMedium / Under the Apple Tree / Long Winded / Anja Ganja / The Defiler / Resistance / Behind / Juliette / Apoptoza / Petul / Drip Drop / Siyah cember / L'Al tra faccia della luna /

短編映画競争部門

Downunder / Garden Party / Real Artists / La peste / Déjala ir / Sound from the Deep / Overtime / Féroce / Thorn / The Fox / Die dunkle kammer / Bon Appétit / Indrajaal

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。主なものをご紹介します。

 

最優秀長編作品賞  La noche del virgen

特別賞       Ron Goossens, Low Budget Stuntman

最優秀短編作品賞  Bon Appétit

メリエスダルジャン Under the Apple Tree

最優秀ワイン    Pinot Gris 2015

 

最優秀長編作品賞に選ばれた『La noche del virgen』は、大晦日の夜、絶望的な孤独な青年は魅力的な年上の女性のいるアパートメントに戻ってきて彼女に魅了されました。彼は喜びの夜の中にいると考えます。おそらくは彼の人生の中でも。彼は半分は正しかったのです。なぜならこの夜がもたらすものを経験したのち、彼は決して同じ事をしようとはしないだろうからです、というスペインのお話。

特別賞に選ばれた『Ron Goossens, Low Budget Stuntman』は、アルコール漬けの低予算スタントマンのロンは、彼自身の結婚を救うためにオランダの最も成功した女優をゲットしなくてはなりません。彼は成功するでしょうか? というオランダのお話。

最優秀短編作品賞に選ばれた『Bon Appétit』は、権力に飢えた男は彼の欲望を満足させる新しい方法を見つけます、というアルバニアの18分のお話。

メリエスダルジャンに選ばれた『Under the Apple Tree』は、2人の喧嘩ばかりしている兄弟の物語とリンゴの中に住んでいる2匹のワームの物語が交差していきます。物語は恐ろしく悪い方へと進んでいき、アップル・サイダーは同じ味にはならないでしょう、というベルギーとオランダの合作の18分のお話。

2017年8月4日〜6日付 全米映画興行成績 Top 5

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年8月4日〜6日付の全米映画興行成績 Top 5です。

 

今週末全国規模で公開された新作は2本。その中で最大規模の3451館で公開されたのは原作スティーブン・キングによるファンタジー『The Dark Tower』でした。その結果1950万ドルを記録して、先週1位で今週2位になった「Dunkirk」の1760万ドルを上回って見事1位になっています。もう1本は2378館で公開された『Kidnap』。こちらは1020万ドルと低いもので、全体的に今週末は興行的にかなり低い水準となってしまったようです。拡大公開されたデトロイト暴動を描く『Detroit』も3007館に拡大されたものの725万ドルと低く、Top 12の興行収入トータルは今年のサマーシーズン最低となってしまいました。これは今年6番目に低いものですが、他の週は2月だとか4月といったシーズンなので、サマーシーズンとなる第31周に1億1160万ドル(Top 12で)というのは、2016年の1億2億2231万ドル、2015年の1億3946万ドル、2014年の1億7242万ドルと比べても低いのが分ります。次の週末には「Annabelle: Creation」が控えていますので、この反動がドンとくるといいんですが。

 

1(-) The Dark Tower 1950万ドル

2(1) Dunkirk 1760万ドル

3(2) The Emoji Movie 1235万ドル

4(3) Girls Trip 1140万ドル

5(-) Kidnap 1020万ドル

 

さて来週ですが、「死霊館」のスピンオフ「アナベル」の最新作『Annabelle: Creation』が3400館以上での公開を予定しています。今回はCreationとあるようにこの呪われた人形の起源にスポットが当てられます。ウォーレン夫妻で有名なこの実在の呪われた人形、実物は赤毛の可愛いらしい人形で映画のちょっと怖い(わたしはこの人形怖いと思います)のとは全くの別ものです。ネットでアナベル人形って調べてみるとすぐに見つかるのでまだの人は見てみてください。全然違いますから。もう1本は上映館数未定ながら韓国、アメリカ、カナダ合作のアニメ「ナット・ジョブ」の続編『The Nut Job 2: Nutty by Nature』が予定されています。前作は1942万ドルで3位でしたが今回はどうでしょうか。残る1本は1400館と小さな規模で2005年のDestin Daniel Crettonの同名ノンフィクションを原作とした『The Glass Castle』。ニューヨークで記者として成功した女性の人には言えない家族の秘密を描いていくドラマ。やっぱり注目は『Annabelle: Creation』でしょう。前の週がかなり低い数字でしたので、「アナベル」にとっては結構状況がいいかも。

2017年度 富川国際ファンタスティック映画祭 結果発表

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年7月13日〜23日にかけて韓国の富川市で開催された富川国際ファンタスティック映画祭の結果が発表されました。富川市は仁川広域市とソウル特別市に挟まれている町で、近年では韓国のアニメーションやテレビ・映画などの映像文化産業の拠点となっているところです。ファンタスティック映画祭としてはアジア最大規模で上映される作品数もかなりの数に上るのですが、国際映画祭ではあるものの、韓国の映画にもちゃんと焦点を当てています。今年はオープニング作品に韓国映画の「Room No.7」、クロージング作品に日本映画の「銀魂」が上映されました。

 

2017年度の出品作品は次の通りです。長編映画の主なものをご紹介します。

 

プチョン・チョイス

68 Kill / Black Hollow Cage / Bloodlands / Dearest Sister / The End / The Endless / 変態だ / Into the Forest / Mon Mon Mon Monsters / Rey / Strangled

コリアン・ファンタスティック

Behind the Dark Night / Coffee Noir: Black Brown / The End of April / The Gravity of Acting / I'll Just Live in Bando / Outdoor Begins / Play of Hostage / Ryeohaeng / The Villainess

ワールド・ファンタスティック・レッド

#Screamers / Are We Not Cats / The Autopsy of Jane Doe / Bad Black / Better Watch Out / Birdshot / Cherry Returns / Dog Eat Dog / Don't Hang Up / Fashionista / Godspeed / Happy Hunting / The Heretics / Hypersomnia / Jailbreak / Kfc / Kills on Wheels / Lake Bodom / Like Me / The Lost Brother / Meatball Machine: Kodoku / Miruthan / The Monster Project / Prevenge / Psychopaths / Raw / Replace / The Sleep Curse / Synchronizer / Terror 5 / Tokyo Ghoul

ワールド・ファンタスティック・ブルー

47 Meters Down / 78/52 / Always Shine / Angel / Animals / At Stake / Battle of Memories / Bitch / Colors of Wind / Dave Made a Maze / Fist & Faith / Generation B / The Girl from Yesterday / Headbang Lullaby / Hidden Reserves / Interchange / Journey of the Tortoise / Kahaani 2 / Killing Ground / March Comes In Like a Lion / March Goes Out Like a Lamb / My Tomorrow, Your Yesterday / Parks / poi E: The Story of Our Song / Pretenders / Punch the Clock / Railroad Tigers / Random Lives / Rift / Shock Wave / Snow Woman / Soul Mate / Strange but True / Tap: The Last Show / A Taste of Ink / Tiger Girl / Vampire Clean Up Department / The Village of No Return / The White King

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。主なものをご紹介します。

 

プチョン・チョイス部門:長編

最優秀作品賞 The Endless

審査員賞   Black Hollow Cage

観客賞    Mon Mon Mon Monsters

特別賞    変態だ

コリアン・ファンタスティック部門:長編

最優秀作品賞 Behind the Dark Night

最優秀女優賞 Park Ji-soo "The End of April"

最優秀男優賞 Oh Ryoong, Ryu Seong Hyun "The Gravity of Acting"

観客賞    Ryeohaeng

 

EFFFF賞   GodSpeed

NETPAC賞  The Village of No Return

 

プチョン・チョイス部門:長編の最優秀作品賞に選ばれた『The Endless』は、2人の兄弟は昔逃げ出したカルトに戻る事にします。それは彼らがかつて考えたよりもグループの信念がまともである事を発見するためでした、というアメリカのお話。

審査員賞に選ばれた『Black Hollow Cage』は、お父さんとウルフハウンド犬と自分自身のたった3人だけで森の中にあるとある家に人里はなれて住んでいる少女。彼女は木々の間に謎のキューブ状のディバイスを発見します、このディバイスは過去を変える能力を持っていました、というスペインのお話。

観客賞に選ばれた『Mon Mon Mon Monsters』は、クラスの超オタク、Ren-Haoはクラスメイトによっていつもからかわれいじめられていました。ある日彼はトラブルに巻き込まれ、不等にもクラスのいじめっ子3人と一緒の奉仕活動に従事しなくてはならなくなります。トラブルを引き起こしたRen-HaoとGuo-fengそしてWei-zhuの3人はこの罰を次のいじめの機会だと見ます。人肉を食べる女性2人のバケモノに出会うまでは、という台湾のお話。

特別賞に選ばれた『変態だ』は、特に才能があるわけではない普通の男は偶然入ったロック研究会でのバンド活動からミュージシャンになります。そして妻と生まれたばかりの息子と普通の生活を送っていましたが、彼には学生時代から関係が続いている愛人がいました。ある日地方でのライブ公演に愛人を連れていきますが、そのステージで彼は妻の姿を目撃します、というロックとポルノをテーマにした日本のお話。

コリアン・ファンタスティック部門:長編の最優秀作品賞に選ばれた『Behind the Dark Night』は、クリストファー・ノーランに影響された映画鑑賞クラブのメンバーは映画を作る事にします。彼らは全体の過程を撮影し録音し、それをDVDの限定版にします。それは「THE DARK NIGHT」というタイトルのスーパーヒーローの映画でした、という韓国のお話。

最優秀女優賞に選ばれた『The End of April』は、テスト係のヒュンジンは古いアパートに引っ越してきます。そこは隣のドアから奇妙な音が聞こえてくるところでした。隣の部屋にはヒュンジュという名の変わった男の子が住んでいました。ある日ヒュンジュと彼のお母さんが無残に殺害されます、という韓国のお話。

最優秀男優賞に選ばれた『The Gravity of Acting』は、スンヒュンは映画のオファーを受けます。彼と10年間ステージをシェアしていたテスクはそのニュースを聞いた後不安に揺れ動きます、という韓国のお話。

観客賞に選ばれた『Ryeohaeng』は、ある女性グループが韓国にある夏の山に登山に行きます。彼女たちは北朝鮮から逃げてきて韓国社会に定着した難民でした。彼女たちにとって登山は避ける事のできない生き残りをかけた旅なのです。生と死の問題なのです、という韓国のお話。

EFFFF賞に選ばれた『GodSpeed』は、ナドゥはプライベートの宅急便配達をしています。ある日彼は簡単なパッケージを彼のボスの友達に配達していました。しかしこの簡単な配達は非常に複雑で危険なものへと変貌します、という台湾のお話。

NETPAC賞に選ばれた『The Village of No Return』は、昔々、中国の人里離なれた村で村人たちは日常の葛藤と複雑な関係に捕らわれていました。ある日謎の男がこの村にやってきます。彼は謎の機械を持ち込み、全てを変えてしまいます、という台湾と中国の合作。

2017年7月28日〜30日付 全米映画興行成績 Top 5

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年7月28日〜30日付の全米映画興行成績 Top 5です。

 

今週末全国規模で公開された新作は2本。その中で最大規模の4075館で公開されたのは、アメリカのレビューサイトRotten Tomatoesで7%というすごく低い評価となってしまっている日本の絵文字がアニメになった『The Emoji Movie』でした。そんな評価の中2453万ドルという意外にも高い(評価に対してです)数字を出して2位に入りました。もう1本3304館で公開されたのは、シャーリーズ・セロン主演のスリラー『Atomic Blonde』。こちらは同じサイトでは76%と高い評価なのに『The Emoji Movie』よりも低いアベレージとなっての1828万ドルで4位になっています。今週1位は先週から47%落ちの2661万ドルだった『Dunkirk』で2週連続のNo.1です。トータルで1億ドルを越えました。

 

2017年度の年間興行成績の方は、1位は5億ドル越えの「Beauty and the Beast」、2位に3億9714万ドルで「Wonder Woman」が入りました。3位は僅差の3億8795万ドルで「Guardians of the Galaxy Vol. 2」、4位は2億8610万ドルで「Spider-Man: Homecoming」、5位は2億3549万ドルで「Despicable Me 3」となっています。

スタジオ別ではディズニーの1位は変わらずですが、2位のユニバーサルが近づいて来ています。ユニバーサルは今後9月29日にトム・クルーズの「American Made」、10月20日にスリラーの「The Snowman」、12月22日にシリーズ第3弾「Pitch Perfect 3」、ディズニーは11月3日に「Thor: ragnarok」、11月22日にアニメの「Coco」、12月15日に「Star Wars: The Last Jedi」が控えています。ラインナップから予想すると今年もディズニーの逃げ切り1位になりそうです。

 

1(1) Dunkirk 2661万ドル

2(-) The Emoji Movie 2453万ドル

3(2) Girls Trip 1964万ドル

4(-) Atomic Blonde 1828万ドル

5(3) Spider-Man: Homecoming 1326万ドル

 

さて来週ですが、全国規模での公開となる新作が2本、拡大公開で全国規模になるものが1本あります。3451館での公開を予定しているのはスティーブン・キング原作のファンタジー大作シリーズの映画化となる『The Dark Tower』。原作は7部構成となっていて、全部でひとつの長編という体裁なのだそうです。2378館での公開を予定しているのはハル・ベリー主演のアクション・スリラー『Kidnap』。目の前で息子を何者かに連れ去られた母親が我が子を取り戻そうとするお話。前の週に20館の限定公開で35万ドルを記録して16位にランクインしたクライム・ドラマ『Detroit』が3007館に拡大公開されます。実際に1967年に起こったデトロイト暴動を描くお話。この暴動では43人が死亡し、1189人が負傷したそうです。わたし結構スティーブン・キング好きなので、『The Dark Tower』に頑張ってもらいたいです。

北海道の札幌に住む2人のフィリピン人を描くお話 『Kita Kita』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年7月19日〜23日付のフィリピン興行成績で第1位になったのは、日本の北海道、札幌に住む2人のフィリピン人LeaとTonyoを描くお話『Kita Kita』です。2週連続で1位だった「Spider-Man: Homecoming」が3週目という事もあり、夏のハリウッド大作映画のオンパレードの切れ目に見事に1位を獲得しました。

 

日本の北海道・札幌に住む2人のフィリピン人、LeaとTonyo。LeaはVeloタクシーのツアーガイドです。Leaは5年間付き合っている日本人のボーイフレンドと結婚をする約束をしているのですが、それは延期しています。彼女は事故に遭い、一時的に目が見えなくなるという状況に苦しんでいます。もし彼女の失明が数週間で治るものでなければ、それは永遠にそのままという事を意味します。TonyoはLeaの右向かいに住むフィリピン人です。Leaは最初彼を無視し続けていました。しかしTonyoは根気強く彼女の友達になろうと頑張ります。ユーモアと優しさを持って彼女に接しながら。こうして2人の関係は徐々に近づいていきます。皮肉な事に失明はLeaにTonyoの本当のキャラクターを見せる事になるのです。

 

監督はSigrid Andrea Bernardo、出演はLeaにAlessandra de Rossi、TonyoにEmpoy Marquezです。

無料ブログ作成サービス JUGEM