ペントハウス

映画 comments(0) - こぶたのゆう

 

2011年11月4〜6日付 全米興行成績第2位 2402万ドル。
ベン・スティーラー、エディ・マーフィ競演の『Tower Heist』です。この2人が競演しているからといって決してコメディというわけではありません。その要素はありますが、見た印象からいうとコメディというよりは『ルパン三世』のような映画です。

ニューヨークの最高級マンション「タワー」のマネージャーをしているジョシュは、最上階のペントハウスに住んでいる大金持ちのアーサー・ショウと仲のよい間柄でした。しかしある日ショウは20億ドルの横領で捕まってしまいます。仲間の年金の運用をショウに頼んでいたジョシュは仮釈放になっていたショウに年金のことを尋ねますが、そんな金はないといわれてしまいます。そしてその年金で余生を楽しく過ごそうとしていたドアマンのレスターは自殺を図ります。運よく助かったものの、ショウは気にもとめませんでした。怒ったジョシュはペントハウスの中に大事に保管されているショウの愛車のフェラーリを叩き壊しますが、反対に訴えられてしまい、マネージャーの職も失ってしまいました。
なんとかみんなの年金を取り返したいと思っていたジョシュは、仲良くなったFBIの女捜査官クレアから逃亡に準備していたとみられる2000万ドルがまだ見つからない事を知ります。そして、前にショウが金庫を購入したことを思い出し、2000万ドルはあの最上階のペントハウスに隠してある事に気付きます。近所のよくしゃべる泥棒(実は幼馴染)のスライドを助っ人に向かえ、「タワー」の仲間たちと2000万ドルを盗み出す計画を立てます。

といったお話です。この映画はコメディというよりもクライム・アクションというジャンルになるようで、お笑いの要素はあるもののコメディというほどではありません。綿密な計画を立てますが予想外の事が起こったり、仲間から外れたけど結局協力してくれたりと紆余曲折があります。そして見事部屋に忍び込み隠し金庫も見つけますが、なんと中身は空。いったいジョシュたちはどうなるのでしょうか? さあ、どうする? といった問いが次から次と出てきて、それに回答を見つけ出していく、といった楽しめる作品です。今回エディ・マーフィもそれほどうるさい感じはないし、見て損はないかと思います。すごい面白いとまでは残念ながら行きませんでしたけど。

人がいいウォール街の失敗人、フィッツヒュー役にマシュー・ブロデリックが出ています。80年代は若き青年でしたが、いまではだいぶ老けてしまいました。でもそのなかでも童顔がまだ残っているところはさすが(?)だと思いました。

 

監督はBrett Ratner、出演はJosh KovaksにBen Stiller、SlideにEddie Murphy、Charlie GibbsにCasey Affleck、Arthur ShawにAlan Aldaです。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM