理想の彼氏を演じ続ける主人公の行く末は? 『A Case of You』

日記 comments(1) - こぶたのゆう



2013年11月8日にアメリカで公開予定の映画『A Case of You』は、フェイスブックで知った女性に好きになってもらいたくてプロフィールを偽ってしまい、そのウソを演じ続けなければならなくなってしまう青年の物語です。

サムは苦労している作家です。有名な映画のノベライゼーションの作家ですが、本当はもっと個人的な本が書きたいのです。彼は角のコーヒーショップの女の子に恋心を抱いていました。しかし彼女がクビになる前になんとか知ることができたのは名前だけでした。ところがフェイスブックで彼女を見つけます。サムは彼女の好みを勉強し、彼女のプロフィールから趣味をリストアップしていきます。そしてその女の子バーディの理想の男性となる事にするのです。彼はカスタネダを読み、フランス料理教室での料理の下手さを証明し、ギター教室でつまづきます。彼女が出演している即興ショーで、彼女に偶然ぶつかるというきっかけを演出し、バーディは彼と出会います。バーディは彼女の好きなバンドを聞いたことがないとしても、このソワソワした男性に興味を持ちました。
2人はデートを重ねる事ができ、そして恋に落ちました。しかし夢見る少女のような彼女をずっと取り扱ううちに、サムはまるで自分の小説のようだと感じてきます。それは映画のような退屈な展開でした。バーボンのような見せ掛け、ロッククライミングの外出の苦痛、すぐさま笑いを提供し、自分を偽るシーンの連続にストレスがたまりはじめ、彼のノイローゼはバーディが愛情を込めて計画したサプライズ・ピクニックの時にとうとう噴出してしまいます。

監督はKat Coiro。出演は脚本も兼ねているジャスティン・ロング、サム・ロックウェル、ビンズ・ボーン、シエナ・ミラー、エヴァン・レイチェル・ウッドです。

コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM