2020年 映画興行成績 第11週

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年の第11週の興行成績です。

 

全米映画興行成績

1(1) Onward

2(-) I Still Believe

3(-) Bloodshot

4(2) The Invisible Man

5(-) The Hunt

 

コロナの影響もあってか、先週の73%落ちというかなりのダウンでしたが、それでも1050万ドル超えで「Onward」が2週連続のNo.1になりました。その他ではTop 10内に新作が3本登場。2位に入ったのは3250館で公開された『I Still Believe』。ジェレミー・キャンプの「I Still Believe」という曲にまつわる実話をもとにしたお話。3位に入ったのは2861館で公開された『Bloodshot』。ヴィン・ディーゼル主演のコミックが原作のアクションです。ナノテクノロジーで驚異的な治癒能力を手に入れた主人公のお話です。5位に入ったのは3028館で公開された『The Hunt』。エリートたちがスポーツ感覚で人間狩りをするという問題作で、去年公開予定が延期になっていたものです。

 

日本映画興行成績

1(1) Fukushima 50

2(2) 仮面病棟

3(3) パラサイト 半地下の家族

4(4) スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

5(-) ミッドサマー

 

スウェーデンの奥地の村で開催される90年に一度の祝祭に参加した5人に降りかかる悪夢を描く『ミッドサマー』が先週7位から公開4週目で5位まで上がってきました。これは本編147分の映画ですが、それに23分を追加した170分の『ミッドサマー ディレクターズカット版』も公開されるという、通常版公開中にディレクターズカット版も公開という状況になっている事も大きいです。でも、上映館数106館というのは今週のTop 10内では一番規模が小さいので、映画の評判の良さが最大の要因かなとも思います。今年は新型コロナウィルスの影響がこの業界にも大きく出ていて、全体を見ても昨年と比べても大きく数字を落としている状況です。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM