アンドロイドは人間の複雑さに困っています 『Perfect Man』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年1月16日〜19日付のロシア興行成績で第1位になったのは、近未来が舞台のロシアのロマンティック・コメディ『(НЕ)ИДЕАЛЬНЫЙ МУЖЧИНА』です。ロシアではこの週末最大規模での公開でした。面白いのはその前の週までロシアで1位を続けていた「ХОЛОП」がモスクワだけの興行成績では1位になってる事。人間のようなアンドロイドが一般的に仲間や召使いになった近未来で、ハンサムな男性の外見を持つアンドロイドが、その所有者の感情を理解するのが難しく、彼女の欲望を満たすことが不可能であると感じるというお話です。

 

Светеは人間関係で不運です。彼女はいつも男に適応しようとし、屈辱を与えられ、男に不貞を容認します。別の不運なボーイフレンドと別れた後、Светеはロボットを販売する会社で仕事につきます。それらはすでに日常生活の一部となっていて、人間と区別することはできませんが、彼らのクリエイターロボットの例では、人間の性格、ニーズ、習慣、弱点に敏感に反応することはありません。ロボットの1つにソフトウェアの故障が発見され、それをメーカーに返却したいとき、Светеはそれを買わせてくれと頼みます。人格の現れという技術的欠陥を受け入れ、彼女は彼と恋に落ちます。さらに、Светеは自分の人生を敏感で注意深く思いやりのあるロボットと結びつけたいと考えており、これが最も予期せぬ結果につながることになります。

 

監督はМарюс Вайсберг、出演はЕгор Крид、Юлия Александрова、Артем Сучков、Роман Курцынです。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM