ビーチバレーと恋を描くチェコのスポーツ・コメディ 『Pres prsty』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2019年8月29日〜9月1日付のチェコ興行成績で第1位になったのは、ビーチバレーに人生を捧げている2人の女性プレイヤーを描くチェコのスポーツ・コメディ『Přes prsty』です。スロバキアでも1位になりました。監督のPetr Kolečkoはこれが監督デビュー作です。一度は監督をしてみたかったのだそうですが、いきなり長編を手がける事ができるとは思ってもいなかったようです。この人は2016年にチェコのアカデミー賞と呼ばれるチェコ・ライオン賞(Český lev)を「Masaryk」の脚本で受賞しています。元々は劇場やテレビ、映画やラジオの脚本家です。

 

この映画は、スポーツに人生を捧げている2人の女性ビーチバレー選手の物語です。2人はビーチバレーのほとんどを共にしています。年齢から期限が迫ってきている年下のパヴラはすごく子供が欲しいのですが、夫のHynkemとの間にトラブルを抱えています。年長のリンダは家族の生活の代わりにレースのキャリアを選んだので独身で、パヴラの気持ちを理解していません。彼女たちが欧州選手権にノミネートされると、両方のプレイヤーの期待が高まります。しかし、新しくやってきた風変わりなマネージャーJíraによって、すべてが複雑になります。リンダとパヴラは、愛の問題を解決し、戦いをする親友です。

 

監督はPetr Kolečko、出演はLindaにPetra Hřebíčková、PavlaにDenisa Nesvačilová、HynkemにVojtěch Dyk、JíraにJiří Langmajerです。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM