40年前の中国アニメの大幅変更リメイク 『哪吒之魔童降世』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2019年8月9日〜11日付の中国興行成績で第1位になったのは、1979年に上海美術映画製作所が製作したアニメ「哪吒鬧海」を大幅に変更してリメイクされたアニメ『哪吒之魔童降世』です。この映画は7月26日から公開されて、7月26日〜28日付で6億5000元を記録して2位に5倍以上の差をつけて1位になりました。ここから3週連続のNo.1、11日付でトータル35億元越えとなりました。30億元越えは中国製作のアニメとしては史場初です。

 

天と地のオーラは巨大なエネルギーの混合真珠を生み出します。元始天尊はこれを真珠と魔法の丸薬に精製します。霊珠は周を助ける事になる人間へと転生し、魔法の丸薬は悪魔を生みます。これは人間に災いをもたらします。元始天尊は黙示録の呪文を開始し、3年後に雷によって魔法の丸薬を破壊する事になるでしょう。仙人・太乙真人は神様の命を受け、「霊珠」を李靖の息子の哪吒に託します。しかし、人に転生し人々を助け殷王朝最後の紂王を倒すべき「霊珠」と、魔王として生まれる「魔丸」がすり替わってしまいます。本来なら英雄となるはずだった哪吒は大魔王となってしまいます。英雄の心を奥底にもついたずら好きの哪吒は、人々の誤解と雷の到来に面して、本当の悪魔になってしまうのでしょうか。彼はどこに向かっていくでしょうか。

 

監督は、声の出演は少年哪吒に囧森瑟夫、儿童哪吒に吕艳婷、敖丙に瀚墨、李靖に陈浩、殷夫人に绿绮です。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM