2019年7月19〜21日・26〜28日付 全米映画興行成績 Top 5

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2019年7月19日〜21日付の全米映画興行成績 Top 5です。

今週末全国規模で公開された新作は1本。1994年に公開されて年間2位(1位はフォレスト・ガンプ)になったディズニーのアニメの実写版『The Lion King』です。1億9177万ドルで1位になりました。これはディズニー・ライブ・アクション・リイマジニングス(実写化シリーズ)としては2017年の「Beauty and the Beast」を上回る記録となりました。あちらは1億7475万ドルでトータル5億ドルいきました。ひょっとしたら「The Lion King」はそれを上回る数字を出すかもしれません。「美女と野獣」が大人向けな雰囲気になっていましたが、こちらはファミリーで楽しめますから。

 

1(-) The Lion King

2(1) Spider-Man: Far from Home

3(2) Toy Story 4

4(3) Crawl

5(5) Yesterday

 

2019年7月26日〜28日付の全米映画興行成績 Top 5です。

今週末全国規模で公開された新作は1本。3659館で公開された『Once Upon a Time in Hollywood』は、1969年に起ったシャロン・テート殺害事件をブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオ共演で描いたお話。監督はクエンティン・タランティーノ。ビートルスの「ヘルター・スケルター」が事件に影響を与えた、という話もあります。4108万ドルという大きな数字を記録しましたが、さすがに公開2週目の「The Lion King」が7662万ドルだったので2位になりました。

 

1(1) The Lion King 7662万ドル

2(-) Once Upon a Time in Hollywood 4108万ドル

3(2) Spider-Man: Far from Home 1245万ドル

4(3) Toy Story 4 1045万ドル

5(4) Crawl 406万ドル

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM