2019年7月5〜7日付・12〜14日付 全米映画興行成績 Top 5

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2019年7月5日〜7日付の全米映画興行成績 Top 5です。

「Avengers: Endgame」のすぐ後から続く、マーベル・シネマティック・ユニバースの最新作となる『Spider-Man: Far From Home』が4634館で公開されました。その結果は9257万ドルの1位。前作「Spider-Man: Homecoming」が1億1702万ドルでしたから、少し数字を落とした感じです。マーベル・シネマティック・ユニバースはこの映画でフェーズ3が終了となりました。フェース4の情報は既に出てきていて、2020年に「Black Widow」「The Eternals」、2021年に「Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings」「Doctor Strange in the Multiverse of Madness」「Thor: Love and Thunder」が予定されています。さらにはフェーズ5まで情報が出てるみたいです。

 

1(-) Spider-Man: Far from Home 9257万ドル

2(1) Toy Story 4 3386万ドル

3(3) Yesterday 1005万ドル

4(2) Annabelle Comes Home 945万ドル

5(4) Aladdin 751万ドル

 

2019年7月12日〜14日付の全米映画興行成績 Top 5です。

今週末全国規模で公開された新作は2本。3170館で公開された『Crawl』は巨大ハリケーンに襲われる最中、巨大ワニまで登場するというお話。もう1本、3050館で公開された『Stuber』は配車サービスのドラバーが乗り込んできた刑事と一緒に事件を解決するハメになるコメディ。ともに興行的には今ひとつの結果となりました。

 

1(1) Spider-Man: Far from Home 4535万ドル

2(2) Toy Story 4 2094万ドル

3(-) Crawl 1200万ドル

4(-) Stuber 822万ドル

5(3) Yesterday 670万ドル

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM