2019年3月15日〜17日付 全米映画興行成績 Top 5

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2019年3月15日〜17日付の全米映画興行成績 Top 5です。

 

今週末全国規模で公開された新作は3本。3838館で公開された『Wonder Park』はジューンという名の想像力豊かな女の子のイマジネーションが現実になるCGアニメ。1585万ドルで2位になりました。続いて2803館で公開された『Five Feet Apart』はお互い触れる事も出来ない難病の2人の恋愛を描くお話。こちらは1319万ドルで3位です。2548館で公開された『Captive State』はエイリアンの侵略の後の時代を生きる人間にスポットを当てたSF。館数に対して313万ドルと、Top 10内の新作中一番低いアベレージとなってしまいました。

これ以外での注目作品は、472館という小さな規模で公開された『No Manches Frida 2』。2016年に公開された「no Manches Frida」の続編です。前作も362館という規模で12位に入るというヒットを記録しましたが、今回はなんと6位に入りました。1館あたりのアベレージは今週1位の「Captain Marvel」に次ぐ2位です。このシリーズはドイツ映画「Fack ju Göhte」のリメイクで、前作はメキシコとドイツとアメリカの合作、今回のパート2はメキシコとアメリカの合作です。ですので映画はスペイン語ですが、それで6位はすごいヒットだと思います。

 

2019年度のスタジオ別のヒット状況ですが、ディズニーが「Captain Marvel」1本だけで1位に上がりました。2位のワーナー、3位のユニバーサルも僅差ですが、こちらは2本〜3本の合計である事を考えると、今後「Dumbo」「Avengers: endgame」の公開を控えているディズニーが一気に2位以下を引き離しそうです。

 

1(1) Captain Marvel 6798万ドル

2(-) Wonder Park 1585万ドル

3(-) Five Feet Apart 1319万ドル

4(2) How to Train Your Dragon: The Hidden World 927万ドル

5(3) Tyler Perry's A Madea Family Funeral 783万ドル

 

さて来週ですが、全国規模での公開を予定している新作は1本。3700館以上での公開となる『Us』は「ゲット・アウト」が大ヒットを記録したジョーダン・ピール監督の次回作。今回はジャンルはスリラーという事になっていますが、どうやらモンスター映画のようです。監督の真価が問われるこの第2作目、注目ですが、来週の「Captain Marvel」が3000万ドルの予想なので、それを越えられるかどうかですね。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM