チューリッヒで宗教改革を開始したツヴィングリを描く 『Zwingli』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2019年1月17日〜20日付のスイス興行成績で第1位になったのは、スイス最初の宗教改革者でスイス改革は教会の創始者フルドリッヒ・ツヴィングリを描くスイスのドラマ『Zwingli』です。同じ週に「Glass」も公開されましたが、それを抑えての1位でした。マルティン・ルターと同年代の人で同じ宗教改革を行いましたが、神の選びのみが全てと考えるルターに対してツヴィングリは人間の態度も神の選びに影響すると考えるなど、お互いの思想の違いから両者の差が大きくなっていきました。映画はツヴィングリがチューリッヒに到着した1519年から、彼の行った様々な宗教改革の行動、そして1531年の第2次Kappe戦争での戦死までを描いていきます。600万スイスフランの予算で2018年4月から撮影が開始され、今年の1月17日にスイスで公開されました。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM