2019年1月11日〜13日付 全米映画興行成績 Top 5

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2019年1月11日〜13日付の全米映画興行成績 Top 5です。

 

今週末全国規模で公開された新作は3本。最大規模の3090館で公開された『A Dog's Way Home』はW・ブルース・キャメロンの2012年の同名小説の映画化。犬のベラが離れ離れになってしまった飼い主に会うために400マイルの旅をするというお話。ですが、1125万ドルという低い数字となってしまい3位になりました。もう1本、ほぼ同程度の3080館で公開された『The Upside』はフランスで大ヒットとなった「最強の2人」のハリウッド・リメイク。フランスで歴代観客動員数3位となった映画のこのリメイクは、トラブルで延期となっていましたがようやくの公開。2035万ドルという数字的には低いですが、「Aquaman」が1735万ドルにまで落ちたので見事に1位になりました。2329館という比較的小規模の公開だった『Replicas』はキアヌ・リーブス主演のスリラー。クローン技術によって妻子を蘇えらせた神経科学者のお話です。こちらは237万ドルと、アベレージもかなり低い結果になってしまいました。これはキアヌ・リーブス主演作で2000館以上の規模で公開された映画としては一番低い数字です。「ジョン・ウィック」のシリーズが順調なだけに残念な結果でした。

 

1(-) The Upside 2035万ドル

2(1) Aquaman 1735万ドル

3(-) A Dog's Way Home 1125万ドル

4(5) Spider-Man: Into The Spider-Verse 905万ドル

5(2) Escape Room 892万ドル

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM