2019年度 再開

日記 comments(1) - こぶたのゆう

年末から年始にかけて色々と個人的な事があり、長期的なお休みになってしまいました。

今日から再開していきたいと思います。

 

日本での映画の2018年度のヒット状況は、1年間52週ありますが、第1週の1月6日〜7日付の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」から、12月29日〜30日付の「シュガー・ラッシュ:オンライン」まで27本の映画が1位になりました。その内日本映画は13本。世界的に見て、日本は自国の映画がヒットする割合が凄く高いと思います。約半数が日本映画というのは、それだけ日本映画が頑張っている事なのでしょう。続いて2019年度の年間興行成績Top10は次のようになりました。

 

 1 ボヘミアン・ラプソディ

 2 劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

 3 名探偵コナン ゼロの執行人

 4 ジュラシック・ワールド 炎の王国

 5 スター・ウォーズ 最後のジェダイ

 6 映画ドラえもん のび太の宝島

 7 グレイテスト・ショーマン

 8 リメンバー・ミー

 9 インクレディブル・ファミリー

10 ミッション:インポッシブル フォールアウト

 

10位以下での注目は、11位に入った「万引き家族」、16位に入った「カメラを止めるな!」ですね。

年間1位になった「ボヘミアン・ラプソディ」はクィーンの自伝的映画ですが、わたしはクィーンをよく知りません。有名な曲は知ってますが、それだけです。ですのでこの映画は興味津々なので是非観てみたいと思っています。

コメント一覧

再開、心待ちにしてました。復活おめでとう!
また映画の面白いお話、楽しみにしてます。

  • fuyuzさん
  • 2019/01/27 9:29 PM
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM