2018年度 ドラキュラ映画祭 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年10月17日〜21日にかけてルーマニアのブラショヴで行われたドラキュラ映画祭の結果が発表されました。この映画祭は2013年から始まって今年で第6回目を迎えます。ルーマニアではもうひとつLUNĂ PLINĂ ホラー&ファンタジー映画祭がありますが、この国でもこういったジャンルの映画が注目されてきているんでしょうね。ドラキュラという名前がついている映画祭だけあって、トロフィーはドラキュラが襲い掛かる姿になっています。ドラキュラ・デジタル部門は携帯で撮影された短編映画のコンペティションです。

ブラショヴはルーマニアのほぼ中央部分にある町でブラショヴ県の県都。首都のブカレストからは140キロほど離れています。カルパティア山脈に囲まれたトランシルバニア地方の中心的な都市のひとつで、トランシルバニアはブラム・ストーカーの「ドラキュラ」の舞台のひとつとして有名です。またこの町では毎年チェルブル・デ・アウル国際音楽祭が開催されています。

 

2018年度に出品された作品は次の通りです。

 

長編部門

Bodrog / Fornacis / Rabbia Furiosa / 末世人間道 / Children of the Fall / Vampyr Vidar

国際短編部門

At Dawn / Limbo / Miliardar/ Casa din ceþuri / Ajutor, avem un gândac în pisicinã! / Dupã cum am zis / Insanium / Condiþii de laborator / The Dwarfs / Nuntã mortalã / Dupã Tristeþe / An Beanshi / Fereºte-ne de rãu / Apostol / Pãdurarii

ルーマニア短編部門

23:59 / Alb / Happy Motel / Ceva / Cel mai bun client

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。

 

Dracula Trophy Vampyr Vidar

Vladutz Trophy The Best Custmer

Little Dracula Trophy Miliard

Dracula Digital Draw My Life

 

Dracula Trophyを受賞した『Vampyr Vidar』は、退屈な人生から逃れるための必死の試みの中で、孤独な独身者で農民のVidarは境界の無い人生のために祈ります。その結果彼は暗黒の王子として目覚めます。今、彼は吸血鬼としての人生に対応しなければなりません、というノルウェーのお話。

Vladutz Trophyを受賞した『The Best Custmer』は、ある夜、老人が12人の葬儀の花輪を葬儀場から注文しました。犯人なのでしょうか?建物の所有者は調査を開始します、という12分のルーマニアのお話。

Little Dracula Trophyを受賞した『Miliard』は、世間から忘れられた老人の農民ジョルジュは東京とエベレストを訪問する事ができます。しかし、彼は無謀なジェスチャーを控える事ができるでしょうか、というモルドバの20分のお話。

Dracula Digitalを受賞した『Draw My Life』は、兄弟を捜してブラショヴに来た若者は、町のスケッチをしている最中突如様子が変になり、奇妙な文字や風景を書き始めます。その場所に行くと兄弟の服を見つけます、という3分のお話。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM