2018年度 セルロイド・スクリーム 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年10月18日〜21日にかけてイングランドのシェフィールドで行われたセルロイド・スクリーム(シェフィールド・ホラー映画祭)の結果が発表されました。その名の通り、特にホラーに焦点を当てた映画祭で、2009年に創設されて今年で10回目を迎えます。「パラノーマル・アクティビティ」「ウィッチ」「グッドナイト・マミー」「レブナント」などのイギリスでのプレミア上映を行ったのもこの映画祭です。イギリスの映画祭のカレンダーにおいて、ハイライト的な地位になっています。

シェフィールドはイングランド中部にある町で、ロンドン・バーミンガム・リーズ・グラスゴーに次いで5番目の人口を誇ります。興行都市ですが、市域の半分近くがピーク国立公園などの森林となっていて、「7つの丘の上に建てられた町」と呼ばれるように、アップダウンの大きな町です。この町の市庁舎は絢爛豪華ですね。

 

2018年に出品された作品は次の通りです。

 

長編部門

Mandy / Haloween / What Keeps You Alive / Knife + Heart / Nighmare Cinema / The Crescent / Tigers Are Not Afraid / Wolfman's Got Nards / Wellington Paranormal / Assassination Nation / Lifechanger / Possum / Summer of '84 / Puppet Master: The Littlest Reich / Cam / Seven Stages to Achieve Eternal Bliss by Passing Through the Gateway Chosen by the Holy Storsh

短編部門

3:36 / Acid / Chowboys / Deep Clean / Gwilliam's Tips for Turning Tricks into Treats / Hair Wolf / Hana / Hang Up! / The Invaders / Mannequins / Maw / Milk / The Day My Mother Turned into a Monster / Mystery Box / Neckface / Riley Was Here / Right Place Wrong Tim / Sockmonster / Special Day / Sybil / Tick

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。

 

長編部門観客賞 Tigers Are Not Afraid

短編部門観客賞 Hair Wolf

 

長編部門観客賞に選ばれた『Tigers Are Not Afraid』は、若いエストレーラはメキシコのカルテルの恐ろしい暴力によって孤児となりました。全てを失い孤独になった彼女は、同じく麻薬戦争によって孤児になった仲間たちから成るギャングとの交友を見出します。そして、共に生き残るためにストリートで戦いを始めました。人生とは残酷なものです。ギャングの少年たちは地元のカルテルからストーカーされていました。エストレーラのお母さんの幽霊に付きまとわれ、さらには謎の超自然的なエネルギーがチャージされ、エストレーラはグループにとって致命的な結果をもたらす連鎖反応を始動させます、というメキシコのお話。

短編部門観客賞に選ばれた『Hair Wolf』は、ブルックリンの黒髪サロンで、地元の住民は謎の新しいモンスターからの攻撃をかわします。そのモンスターは黒人文化から生命力を吸い取ろうとする白人女性のグループです、というアメリカの12分のお話。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM