2018年度 ストラスブール・ヨーロッパ・ファンタスティック映画祭 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年9月14日〜23日にかけてフランスのストラスブールで行われたストラスブール・ヨーロッパ・ファンタスティック映画祭の結果が発表されました。この映画祭はLes Films du Spectreによって2005年に設立されたSpectre映画祭から派生したもので、2008年からスタートしました。2009年からスタートしたグレート・ストラスブール・ゾンビ・ウォークは参加者4000人という、ヨーロッパで最も規模の大きなもののひとつとなりました。

ストラスブールはフランス北東部、ライン川左岸にある町で、対岸にはドイツのケールの町があります。このふたつはシェンゲン協定によってパスポートチェックなしに行き来できます。パリからはTGVで2時間20分ほどです。地図で見るとフランスとドイツの境目、位置は中央よりやや北の方にあります。この町の市の鳥シュバシコウは、この町のイメージキャラクターとして人気で、ストラスブールのお土産といえばこれのグッズと言われる程です。ですが、実際野性のシュバシコウはほぼ絶滅していて、飼育されているものであればあちこちで見学する事はできます。

 

2018年度の出品作品は次の通りです。長編のみご紹介します。

 

オープニング The Nun

クロージング An evening with Beverly Luff Linn

国際ファンタスティック競争部門

Climax / Cutterhead / Diamantino / The House That Jack Built / Human, Space, Time and Human / Love Me Not / Luz / Murder Me Monster / Piercing / Prospect / The Rusalka / What Keeps You Alive / A Young Man With High Potential

クロスオーバー競争部門

Believer / Brothers' Nest / The Cannibal Club / Holiday / Killing / The Man Who Killed Hitler and Then The Bigfoot / Pig / Pity / Profile / Xiao Mei

アニメーション競争部門

Another Day of Life / Chris the Swiss / Chuck Steel: Night of the Trampires / Cinderella the Cat / Mirai / Laika / The Tower

ミッドナイト・ムービーズ部門

Crisis Jung / Dead Ant / The Firld Guide to Evil / Mandy / Nightmare Cinema / The Ranger / Aterrados

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。長編のみご紹介します。

 

国際ファンタスティック競争部門

最優秀作品賞   Cutterhead

シルバーメリエス The House that Jack Built

審査員特別賞   Prospect

観客賞      Cutterhead

クロスオーバー競争部門

最優秀作品賞   Xiao Mei

審査員特別賞   Pig

アニメーション競争部門

最優秀作品賞   Chris the Swiss / Mirai

 

国際ファンタスティック競争部門の最優秀作品賞と観客賞に選ばれた『Cutterhead』は、若い母親のリエはボウリング・マシーンでトンネルを掘る男の従業員にインタビューするために、排他的な男性の世界である地下に降りていきます。アクシデントの後、彼女は専門家と若い出稼ぎ労働者とともに、エアロックと平行に並んでいるトンネル部分に閉じ込められてしまいます、というデンマークのお話。

シルバーメリエスに選ばれた『The House that Jack Built』は、マット・ディロンはジャックです。野蛮な連続殺人犯というだけでなく、芸術と犯罪の愛好家です。彼は犠牲者の死体を使って死のフレスコ画を組み立てます、というデンマークとフランスとスイスの合作。

審査員特別賞に選ばれた『Prospect』は、壊れた船と錆びた装置で、落ちぶれ果てた神父と彼の娘シーは遠い月の宝石を求めて試し掘りをします。しかしワイルドウェストの銃撃戦でお父さんの神父は命を落としてしまいました。シーは柔軟なモラルの試掘者と組まなければならなくなります。彼女たちは地球へと脱出するために盗賊と冷酷なカルト・コミュニティを撃退しなければなりません、というアメリカのお話。

クロスオーバー競争部門の最優秀作品賞に選ばれた『Xiao Mei』は、台北で若い女性が薄い空気の中に消えてしまいました。彼女の事を知っている9人の人物は、彼女を見つけ出すために証拠を集め、彼女の最後の日の謎をつなぎ合わせます。全ての目撃者は謎めいた事を言います、という台湾のお話。

審査員特別賞に選ばれた『Pig』は、イランの映画監督ハサンは当局によって撮影された映画が公開禁止の対象になってしまいます。そこで彼はグロテスクな広告を作り、彼の状況を考えます。同時に、彼の映画監督の同僚たちが次々に首を切り落とされていきますが、その理由は分りません、というイランのお話。

アニメーション競争部門の最優秀作品賞に選ばれた『Chris the Swiss』は、1992年1月のクロアチア。スイス戦争のリポーターの死体が傭兵集団の制服で発見されました。20年後、彼のいとこのアンジャは彼の死の調査と最後の日の様子を再構成するためにクロアチアにやってきます。そして彼女は、いとこがユーゴスラビア紛争の計画を実行するための標的であった事を知ります、というスイスのお話。

同じく最優秀作品賞に選ばれた『Mirai』は、甘えん坊のくんちゃんのところに生まれたばかりの妹がやってきます。両親は妹の世話で自分の事はかまってくれません。そんな時、くんちゃんは庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、不思議な少女“ミライちゃん”と出会います、という日本のお話。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM