2018年7月6日〜8日付 全米映画興行成績 Top 5

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年7月6日〜8日付の全米映画興行成績 Top 5です。

 

今週末全国規模で公開された新作は2本。4206館で公開された『Ant-Man and the Wasp』はマーベル・シネマティック・ユニバースの1作で単独作品としては第2作目となります。前作「Ant-Man」がオープニング5722万ドルと、この全体のシリーズからみると小粒ですが、第2作目は1作目を上回る7581万ドルを記録して1位になりました。今年ディズニーが公開した新作6本のうち5本が全てNo.1ヒット(その内マーベル・シネマティック・ユニバースが3本)です。ディズニーはこのシリーズといい、スター・ウォーズものといい、大ヒットを記録した「Incredibles 2」といい、シリーズもの、続編ものばかりであまり新鮮味を感じません。

もう1本、3031館で公開されたのはシリーズ最新作でその起源が描かれる『The First Purge』。こちらは1737万ドルで4位という低い数字となりました。このオープニングはシリーズ中一番低いもので、それまで一番低かった「The Purge: Anarchy」の2981万ドルを大幅に下回りました。ちなみにイギリスでは1位になっています。

 

1(-) Ant-Man and the Wasp 7581万ドル

2(1) Jurassic World: Fallen Kingdom 2863万ドル

3(2) Incredibles 2 2840万ドル

4(-) The First Purge 1737万ドル

5(3) Sicario: Day of the Soldado 762万ドル

 

さて来週ですが、全国規模で公開される新作は2本。4267館で公開されるのはシリーズ3作目となる『Hotel Transylvania 3: Summer Vacation』、3782館で公開される『Skyscraper』です。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM