2018年6月30日〜7月1日付 日本映画興行成績 Top 10

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年6月30日〜7月1日付の日本映画興行成績 Top 10です。

 

今週 Top 10内にランクインした新作は3本。その中で土日2日間の観客動員数37万5000人、興行収入5億円を稼ぎ出した『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』が1位になりました。2018年は最初の3週「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が1位になっていたので、半年で再び登場となりました。5億のオープニングは今年の4番目の記録です。先週1位だった「万引き家族」は3週1位でストップ。続いて劇場版第30作目(!)となるアンパンマンの新作『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』が1億2100万円で4位。この数字は歴代の最高記録更新が見込まれるヒットだそうです。もう1本、綾野剛・北川景子共演の異色時代劇『パンク侍、斬られて候』が7900万円で5位に入りました。

 

1(-) ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー

2(1) 万引き家族

3(2) 空飛ぶタイヤ

4(-) それいけ! アンパンマン かがやけ! クルンといのちの星

5(-) パンク侍、斬られて候

6(3) 50回目のファーストキス

7(5) 名探偵コナン ゼロの執行人

8(6) ワンダー 君は太陽

9(4) デッドプール2

10(7) 焼肉ドラゴン

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM