2011年7月22日のノルウェー連続テロ事件を描く 『U: July 22』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年3月9日〜11日付のノルウェー興行成績で第1位になったのは、2011年7月22日にノルウェーの首都オスロ及びウトヤ島で発生した連続テロ事件を描くノルウェーのドラマ『Utøya 22. juli』です。この週末ノルウェー国内最大規模での公開で、公開3週目で2週連続No.1だった「Norske byggeklosser」の2倍の興行成績でした。オープニングの成績は「Norske byggeklosser」や「Coco」を上回るものです。このテロ事件はオスロ政府庁舎爆破事件とウトヤ島銃乱射事件が連続して発生したもので、政府庁舎で8人、銃乱射事件で69人の合計77人が亡くなりました。これはノルウェー国内において、第2次世界大戦以降の最悪の惨事とされています。共犯者は確認されていなくて、単独犯による短時間大量殺人としては1982年の韓国の禹範坤を抜いて世界最大となりました。

 

Kajaは活発な19歳の女の子です。彼女は気の利かない気ままな振る舞いの妹Emilieにいらだっていました。Petterは政治問題でKajaをイライラさせる迷惑な男です。彼は明らかにKajaに片想いしています。一方、ヨーロッパ人でもなく白人でもないIssaはこれまでに利いた恐ろしい攻撃がイスラム教の聖戦でないことを祈っています。こういった事は彼が日々直面している人種差別を助長するものです。この日2011年7月22日、ウトヤ島ではノルウェー労働党の青年部の集会が行われ、10代の若者700人が参加していました。

 

監督はErik Poppe、出演はAndrea BerntzenElli Rhiannon Müller OsborneJenny SvennevigAleksander HolmenIngeborg Enesです。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM