ロシア発のフィギュアスケートを題材とした恋愛ドラマ 『Ice』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年2月15日〜18日付のロシア興行成績で第1位になったのは、フィギュアスケートをテーマとしたロシアの恋愛ドラマ『ЛЕД』です。この週末ロシア国内最大規模での公開で、2位に落ちた公開2週目の「Fifty Shades Freed」の4倍近く、そして同じ週から公開となった「Black Panther」にも大きく差をつけての1位獲得です。ちょうど平昌オリンピックが2月9日から開催されて、ロシアのアリーナ・ザギトワ(Алина Ильназовна Загитова)が金、エフゲーニャ・メドベージェワ(Евгения Армановна Медведева)が銀と大活躍をした最中の公開でドンピシャだったようです。オープニングの数字は去年の暮れに公開されて今年に入ってから拡大公開された「Going Vertical」に次ぐ今年2番目の記録で、今年のロシアの映画界のスタートは2大ロシア映画ヒットというとてもいい形となったようです。ちなみにこちらは男女ペアのフィギュアスケートです。

 

才能あるフィギュアスケートの選手、ナディアは自身の夢に向かって着実にステップアップしていました。しかしパートナーのミスの結果、彼女は怪我を負い病院に運ばれます。彼女の人生においてフィギュアスケートは終わりを告げたように思われましたが、そんな彼女にホッケー選手のサーシャが看護師としてつくことになりました。当初彼らはお互いが嫌いになりました。でも、反発しながらもリハビリを進めていく内、2人の間に新しい感情が芽生えてきます。

 

監督はОлег Трофим、出演はНадежда ЛапшинаにАглая Тарасова、Александр ГоринにАлександр Петров、Владимир ЛеоновにМилош Бикович、Ирина ШаталинаにМария Ароноваです。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM