2018年度 ネバーモア映画祭 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年2月23日〜25日にかけてアメリカのノースカロライナ州ダーラムで行われたネバーモア映画祭の結果が発表されました。1999年に創設された映画祭で、世界中から最新の長編・短編のジャンル映画が出品されます。主にホラー、SF、ミステリー、サスペンス、アクション・スリラーに特化しています。3日間という比較的小さな映画祭で、設定されている賞は審査員賞と観客賞の2部門に分れています。

開催地のダーラムはノースカロライナ州中央部に位置していて、州内では第5の都市として位置づけられています。イギリスにも同じスペルの町がありますが、映画祭はアメリカの方で行われます。文化の中心はカロライナ・シアターで、ここではライブの公演や映画の放映などが行われます。

 

2018年に出品された映画は次の通りです。

The Ascent / Bong of the Living Dead / Cannibals and Carpet Fitters / Can't Live Without You / Escape the Dark / Fake Blood / Freddy/Eddy / Gauntlet of the Foreign Invaders / Four Minutes Til Midnight / It's Only a Nightmare. Charlie Brown / Ruin Me / The Manitou / Sant Marti / Tangent Room / They're Coming to Get You, Barbara!

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。長編部門のみご紹介します。

 

審査員賞

最優秀国際映画賞 Tangent Room

最優秀北米映画賞 Ruin Me

 

観客賞

最優秀北米映画賞 The Ascent

         Escape the Dark

最優秀国際映画賞 Cannibals and Carpet Fitters

 

最優秀国際映画賞に選ばれた『Tangent Room』は、彼らを助ける一連の数字だけがあるブービートラップの仕掛けられた部屋に囚われた4人の聡明な国際的科学者は宇宙崩壊を防ぐ時間に対する競争を行います、というスウェーデンのお話。

最優秀北米映画賞に選ばれた『Ruin Me』は、6人のお互い見ず知らずの人々がフードを被らされて森の真ん中にいます。彼らは奇妙で危険な謎をナビゲートしなければなりません。ホラー映画すら観たことのない唯一の参加者アレックスは彼女のボーイフレンドと一緒に行動をともにします。彼女が生き残りたいと望むのであれば、アレックスは誰が責任を負うのかの秘密を解く必要があります、というアメリカのお話。

観客賞の最優秀北米映画賞に選ばれた『The Ascent』は、ベテランのロス市警の警官ヘンリーは殺人の容疑者ビンスと対決しています。かれは自分自身をフォーリン・エンジェルだと主張しています、というアメリカのお話。

最優秀北米映画賞に選ばれた『Escape the Dark』は、過剰な想像力を持つエネルギッシュなオタクのジャッキーと彼女のルームメイトのレイチェルはお互いに怖い話を入れ替えます。老人が突然現れ彼女たちのリビングルームで死んだとき、彼女たちは試練を受ける事になるという話と、プロの人生に圧倒されるジョンはうつ病に苦しむルームメイトのオーガストの面倒を見ながらどうにもできないでいます。オーガストは部屋に引きこもり、彼とジョンはその中で不吉な霊に囚われます、というアメリカのお話。

最優秀国際映画賞に選ばれた『Cannibals and Carpet Fitters』は、カーペット・フィッターのグループはどこかの田舎にある古い家に仕事で送られます。それはすぐに人食いの家族による罠だと知る事になります。彼らは生きる為に戦うか、夕食のディナーとなって人生を終えるかの岐路に立たされます、というイギリスのお話。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM