理想的な人生を送っていると思っていたのですが・・・ 『Brillantissime』

日記 comments(1) - こぶたのゆう

 

2018年1月17日〜21日付のフランス興行成績で第1位になったのは、理想的な人生を送っていると思っていた女性が実はそうではなかったというフランスのコメディ『Brillantissime』です。公開5週目で先週1位だった「Jumanji」に僅差で勝っての1位でした。今年初のフランス映画の1位です。監督は主演のアンジェラも務めているMichèle Laroque。この人は女優・監督の他にコメディアンや作家と多才な人です。1960年生まれの57歳。18歳の時に交通事故で2年間もの間ベッド生活という困難の時期がありました。さらに長い回復期を乗り越える間に女優になる事を決意したのだそうです。

 

アンジェラは理想的な人生を送っていると思っています。彼女はハンサムな夫と素晴らしいティーンエイジャーの娘、そしてニースにある美しいアパートに住んでいます。しかし、クリスマス・イブでは彼女の娘は母と一緒に過ごすのではなく彼女のボーイフレンドと一緒に過ごす事を選んで彼女のもとを去り、夫も彼女のもとを去り、親友も彼女と一緒に過ごすのではなく睡眠薬を飲んで寝る事を好みます。アンジェラはとてもショックです。アンジェラは自分自身を再構築する以外に選択肢はありません。そしてそれは、専制政治の母親、ヒステリックな親友としてはとても難しいことなのです。

 

監督はMichèle Laroque、出演はAngelaにMichèle Laroque、Docteur SteinmanにKad Merad、ClaireにFrançoise Fabian、GeorgesにGérard Darmonです。

コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM