2017年度 ドラキュラ映画祭 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年10月18日〜22日にかけてルーマニアのブラショヴで行われたドラキュラ映画祭の結果が発表されました。2013年から始まって今年で5回目、ホラー、SF、スーパーナチュラル、スリラーやファンタジーを中心に3つのセクションからなります。設定されている賞は長編部門の最優秀作品にドラキュラ・トロフィー、国際短編部門の最優秀作品にリトル・ドラキュラ、ルーマニアの短編部門にヴラド・トロフィーがあります。ルーマニアのほぼ中央にあるブラショヴは旅行の出発点によい所です。古い町自体もよく保存されていて、名所のひとつに黒の教会があります。これは1689年のオスマン帝国との戦いでハプスブルク帝国軍が侵入してきた時の大火の煙で黒くなったところからこの名前が付けられました。高さが65メートルあって。トランシルバニア地方最大の後期ゴシック教会だと思われています。黒の教会という名ですが、現在では何度も修復が行われて外壁はあまり黒くありません。

 

2017年度の出品作品は次の通りです。主なものをご紹介します。

 

長編競争部門

Zombiology / Double Date / The Wanderers / The Lure / La noche del virgen

短編部門

Paradigm / Ooze / Birthday / Killing Is My Living / Faith / Bleeder / Rosalita / La Voûte / Degetul / VampirismuS / We Know / MAYDAY / Chateau Sauvignon: terroir / The Sunken Convent / Mathew 9:14 / The Game / Fried Barry / Strays / Eldritch Code / Moose Limbs / We are Going into the Woods / Sorrounded by Death / Offstage / Doamna Ghica / Last Dream for the Moon

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。

 

最優秀長編映画賞 The Wanderers

特別賞      Replace

最優秀国際短編映画賞 The Sunken Convent

最優秀ルーマニア短編映画賞 Offstage

特別賞      Ooze

 

最優秀長編映画賞に選ばれた『The Wanderers』は、冷酷なバンパイア・ハンターのLouis Moudonと彼のジャーナリストである仲間は、不可解な出来事が続く謎の調査のためにトランシルバニアの孤立した村にやってきています。若いルーマニア人のSoranaによるガイドなどにより、彼らはこの村の人たちが言葉に言い表す事の出来ない邪悪なものによって苦しめられている事を知ります、というルーマニアのお話。

特別賞に選ばれた『Replace』は、若くて美しいキラは奇妙な病気に悩まされています。彼女の肌は急速に老化し始め、乾くと崩れていくのでした。彼女が他の人の肌を自分自身の肌と置き換えることができると知った時、彼女は選択しなければなりません。自分の体が枯れて死ぬのを見るか、それとも誘惑に負けるか。それがどんなに高価なものであっても、というドイツのお話。

最優秀国際短編映画賞に選ばれた『The Sunken Convent』は、男は目が覚め、仕事に行き、夕食を家で食べ、自宅で行う手術の準備をします。彼は独りで行動し、車に乗り森の中に入っていきます、という言葉なしで語られる15分のデンマークのお話。

最優秀ルーマニア短編映画賞に選ばれた『Offstage』は、有名なルーマニアの俳優が若い男の執着的な母親によって誘拐されるというルーマニアの25分のお話。

特別賞に選ばれた『Ooze』は、彼は孤独に苦しんでいます。彼はエレベーターで人々の注意をひこうとします、というスイスの5分のアニメ。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM