2017年8月4日〜6日付 全米映画興行成績 Top 5

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年8月4日〜6日付の全米映画興行成績 Top 5です。

 

今週末全国規模で公開された新作は2本。その中で最大規模の3451館で公開されたのは原作スティーブン・キングによるファンタジー『The Dark Tower』でした。その結果1950万ドルを記録して、先週1位で今週2位になった「Dunkirk」の1760万ドルを上回って見事1位になっています。もう1本は2378館で公開された『Kidnap』。こちらは1020万ドルと低いもので、全体的に今週末は興行的にかなり低い水準となってしまったようです。拡大公開されたデトロイト暴動を描く『Detroit』も3007館に拡大されたものの725万ドルと低く、Top 12の興行収入トータルは今年のサマーシーズン最低となってしまいました。これは今年6番目に低いものですが、他の週は2月だとか4月といったシーズンなので、サマーシーズンとなる第31周に1億1160万ドル(Top 12で)というのは、2016年の1億2億2231万ドル、2015年の1億3946万ドル、2014年の1億7242万ドルと比べても低いのが分ります。次の週末には「Annabelle: Creation」が控えていますので、この反動がドンとくるといいんですが。

 

1(-) The Dark Tower 1950万ドル

2(1) Dunkirk 1760万ドル

3(2) The Emoji Movie 1235万ドル

4(3) Girls Trip 1140万ドル

5(-) Kidnap 1020万ドル

 

さて来週ですが、「死霊館」のスピンオフ「アナベル」の最新作『Annabelle: Creation』が3400館以上での公開を予定しています。今回はCreationとあるようにこの呪われた人形の起源にスポットが当てられます。ウォーレン夫妻で有名なこの実在の呪われた人形、実物は赤毛の可愛いらしい人形で映画のちょっと怖い(わたしはこの人形怖いと思います)のとは全くの別ものです。ネットでアナベル人形って調べてみるとすぐに見つかるのでまだの人は見てみてください。全然違いますから。もう1本は上映館数未定ながら韓国、アメリカ、カナダ合作のアニメ「ナット・ジョブ」の続編『The Nut Job 2: Nutty by Nature』が予定されています。前作は1942万ドルで3位でしたが今回はどうでしょうか。残る1本は1400館と小さな規模で2005年のDestin Daniel Crettonの同名ノンフィクションを原作とした『The Glass Castle』。ニューヨークで記者として成功した女性の人には言えない家族の秘密を描いていくドラマ。やっぱり注目は『Annabelle: Creation』でしょう。前の週がかなり低い数字でしたので、「アナベル」にとっては結構状況がいいかも。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM