北海道の札幌に住む2人のフィリピン人を描くお話 『Kita Kita』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年7月19日〜23日付のフィリピン興行成績で第1位になったのは、日本の北海道、札幌に住む2人のフィリピン人LeaとTonyoを描くお話『Kita Kita』です。2週連続で1位だった「Spider-Man: Homecoming」が3週目という事もあり、夏のハリウッド大作映画のオンパレードの切れ目に見事に1位を獲得しました。

 

日本の北海道・札幌に住む2人のフィリピン人、LeaとTonyo。LeaはVeloタクシーのツアーガイドです。Leaは5年間付き合っている日本人のボーイフレンドと結婚をする約束をしているのですが、それは延期しています。彼女は事故に遭い、一時的に目が見えなくなるという状況に苦しんでいます。もし彼女の失明が数週間で治るものでなければ、それは永遠にそのままという事を意味します。TonyoはLeaの右向かいに住むフィリピン人です。Leaは最初彼を無視し続けていました。しかしTonyoは根気強く彼女の友達になろうと頑張ります。ユーモアと優しさを持って彼女に接しながら。こうして2人の関係は徐々に近づいていきます。皮肉な事に失明はLeaにTonyoの本当のキャラクターを見せる事になるのです。

 

監督はSigrid Andrea Bernardo、出演はLeaにAlessandra de Rossi、TonyoにEmpoy Marquezです。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM