2017年度 Hallucinations collectives結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年4月11日〜17日にかけてフランスのリヨンで行われたHallucinations collectivesの結果発表です。この映画祭は2008年からスタートして今年で第10回目を迎えます。映画祭の目的は一般的に人々に知られていない、またはマニアに知られている奇妙なフィルムを一般公開する事です。毎年イースターの週末に行われる事になっていて、今年は11日〜17日という日程になりました。最初はL'Étrange Festival Lyonという名でしたが、同名の映画祭がパリでも開催されているためか、現在ではHallucinations Collectivesに改名されました。リヨンのComœdiaという映画館で開催されていて、設定されている賞は2009年までは短編部門のみでしたが2011年から長編部門が作られ、2015年からはグランプリの他にPetit Bulletin賞も設けられました。近年のグランプリ作品は2015年度は「Goodnight Mommy」、2016年度は「Men and Chichen」でした。

リヨンはフランスの南東部に位置する町で、オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏の首都です。都市圏としてはフランス第2の規模で、沢山の銀行の本店がここに置かれています。毎年夏の夜にはフルヴィエールの丘にある劇場でコンサートや演劇が行われる「フルヴィエールの夜」というイベントや12月8日〜11日にかけてリヨン市内の家の窓際はロウソクの灯りでともされ、建物や道路はイルミネーションで飾られる「光の祭典」というイベントも行われます。また国際刑事警察機構(インターポール、銭形警部の警察です。何気に凄い)の本部が置かれていて、市内では北東から流れるローヌ川と北から流れるソーヌ川が南部で合流しています。石畳の町並の残る旧市街地はユネスコの世界遺産に登録されています。

 

2017年に出品された作品は次の通りです。

 

オープニング

Get Out

長編コンペティション部門

Realive / The Limehouse Golem / The Unseen / Message From The King / Love Hunters / The Jane Doe Identity / Prevenge

レトロスペクティブ部門

Glissements Progressifs du Plaisir / Litan / Le Marteau des Sorcières / Dead & Buried / ユメノ銀河 / La Sentinelle des Maudits / Hitcher / Opera / Epidemic / Le Grand Silence / La Longue Nuit de l’Exorcisme

短編コンペティション部門

The Sunken Convert / The Absence of Eddy Table / Can't Take my Eyes Off You / Margaux / Fish Story / Le Plombier / The Disappearance of Willie Bingham

特別上映

Corruption / Soirée des 10 ans / Soy Cuba

クロージング

Tunnel

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。

 

長編部門グランプリ Message From the King

Jury presse賞    The Jane Doe Identity

短編部門グランプリ The Disappearance of Willie Bingham

Jury lycéen賞    The Absence of Eddy Table

 

長編部門のグランプリに選ばれた『Message From the King』は、妹を探すために、ジェイコブ・キングはほんの数百ドルを持って南アフリカからロサンゼルスに向かいました。その24時間で彼は妹は殺されていた事を知ります。今彼に妹の死の復讐に残された時間は6日です、というアメリカのお話。

Jury presse賞に選ばれた『The Jane Doe Identity』は、血まみれの奇妙な殺人事件の発見された家の地下室で正体不明の女性の死体半分埋められた状態で発見されました。警官の1人はその女性は強制的にここに連れ込まれた形跡はなく、しかしこの家から逃げ出そうとしていた様子が見られると結論を出します。小さな町の検死官トミー・ティルデンとその息子オースティン(お父さんを助ける医療技師)は、その若く美しい死体「ジェーン・ドゥ」の検死を続けていくにつれ、彼らはますます奇妙な手がかりを見つけることになります。その手がかりは恐ろしい彼女の秘密の鍵を握っています、というイギリスのお話。

短編部門のグランプリに選ばれた『The Disappearance of Willie Bingham』は、ウィリー・ビンガムは、アメリカの犯罪を改正するための革新的な新しい正義プログラムを受講する始めての人間です、というオーストラリアのお話。

Jury lycéen賞に選ばれた『The Absence of Eddy Table』は、デイブ・クーパーのコミックとして知られるエディ・テーブル。ある日エディは暗い森の中で迷子になります。そこで彼は謎の寄生虫によって感染した魅惑的な少女と出会います。愛と暴力の12分のアニメ。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM