2016年度 トロント・アフター・ダーク映画祭 結果発表

映画祭 comments(1) - こぶたのゆう

 

2016年10月13日〜21日にかけてカナダのトロントで行われたトロント・アフター・ダーク映画祭の結果が発表されました。この映画祭はホラーやSF、アクションやカルトなどの映画を提供する場としてカナダのオンタリオ州トロントで2006年から開催されています。9日間という規模の大きなファンタスティック系映画祭です。設定されている賞も多く、中でも最優秀ヒーロー賞や最優秀ファイト賞、最も続編が見たい賞、最優秀モンスター賞の他、コメディ映画も上映される事から最優秀コメディ賞もあるというかなりユニークな映画祭です。

トロントはオンタリオ州最大の都市であり、カナダ最大の都市でもあります。北米でもニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次ぐ4番目というすごく規模の大きな町です。ここにあるCNタワーは高さ553.33メートルあって、一時期世界で最も高い建物でした。

 

さて2016年度の出品作品は次のとおりです。長編のみご紹介します。

 

Under The Shadow / Trash Fire / War on Everyone / Let Her Out / Tje Rezort / Train to Busan / Kill Command / In a Valley of Violence / Blood Father / I Am Not a Serial Killer / Bed of the Dead / As the Gods Will / Creepy / Antibirth / Stake Land 2 / The Master Cleanse / From a House on Willow Street / The Lure / The Void

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。おもなものをご紹介します。

 

観客賞 1位 Train to Busan

    2位 Under the Shadow

    3位 The Void

最優秀ホラー映画賞 Train to Busan

最優秀監督賞    Train to Busan

最優秀男優賞    Train to Busan

最優秀ヒーロー賞  Seok Woo "Train to Busan"

もっとも続編期待賞 Train to Busan

最優秀カナダ長編賞 The Void

最優秀モンスター賞 The Void

最優秀ゴア賞    The Void

最優秀特殊効果賞  The Void

最優秀アクション賞 In a Valley of Violence

最優秀キル賞    In a Valley of Violence

最優秀脚本賞    Under the Shadow

最優秀女優賞    Narges Rashidi "Under the Shadow"

最優秀SF映画賞  Kill Command

最優秀コメディ賞  War on Everyone

最優秀音楽賞    The Lure

 

Train to Busan』は、ソク・ウーは離婚した仕事中毒の男です。彼は自分の母親と娘のス・アンと一緒に暮しています。彼はあまりにも娘と離れていたので娘の誕生日のために任天堂のWiiを買ったのですが、子供の日に彼女にすでにそれを買っていたので娘がすでにそれを持っている事に気付いていませんでした。このかなり気まずい状況を変えるために、彼はス・アンの本当に欲しいものをあげる事に同意します。それは280マイル向こうにある彼女のお母さんの故郷プサンへの旅行でした。そこはソウルから列車で1時間ほどで行けます。ソク・ウーと彼の娘スー・アンはKTXに乗りました。この列車はソウルからプサンまで彼らを運ぶ高速鉄道です。しかしその道中、列車は数名の鉄道乗務員や他の搭乗者を殺すゾンビの群れによってオーバーランしてしまいます。KTXがプサンに向かって疾走する間、搭乗者たちはゾンビたちを相手に生き残るために戦わなければなりません、という韓国のお話。

The Void』は、日常的なパトロールの途中で、警察官のダニエル・カーターは道の上に倒れた血塗れの人間を偶然に見つけます。彼はその若い男を密かに最小の人員で運営している近くの田舎の病院に連れていきます。彼はそこで患者と職員が人間ではない何かに変換されていくのを発見。恐怖が激化するにつれて、カーターは必死の努力で地獄の航海の中、他の生存者たちを導いていきます、というカナダのお話。

In a Valley of Violence』は、西部開拓時代。メキシコを目指して砂漠を横断している謎の男ポール。その旅の途中巨大な渓谷にぶつかった彼は保安官とその息子のならず者たちが支配する町にたどり着きます。その酒場でトラブルを起こした相手がその息子だった事から彼らとの対立を余儀なくされるというアメリカのお話。

Under the Shadow』は、1988年テヘランの人々はイラン・イラク戦争の破壊に対処しなければなりませんでした。爆弾が空から落ちるように進歩的な考えを持つ若い母親のShidehは、娘のDorsaと共に生き残るために最善を尽くしています。ある日ミサイルが彼女たちの住むアパートに打ち込まれましたがそれは爆発せず、その日から少女Dorsaは病気になってしまいます。彼女は時間が経つにつれてますます不穏な行動を起こすようになり、隣人の1人はジン(アラブ世界の人ではない存在)がうろついているといい始めます、というイランとヨルダンの合作。

Kill Command』は、近未来が舞台。ビュークス大尉率いる兵士たちがヘリで離島にある訓練施設に降下します。彼らはそこで簡単な訓練を行う予定だったのですが、そこはある存在に支配されていたのでした。突然彼らを襲う戦闘用ロボット。ビュークスたちは実戦の戦いをする事になりますが、まともな武器もないまま彼らはロボットに立ち向かわなければなりません、というイギリスのお話。

War on Everyone』は、メキシコシティの汚職刑事ボブとテリーは犯罪者をかたっぱしから罠にはめて脅迫します。しかしより危険な相手を脅迫したとき、事態は思わぬ方向に進んでいきます、というイギリスのお話。

The Lure』は、シルバーとゴールデンはミュージシャンの家族の仲間になった2人の人魚です。彼らのバンド「The Figs and Dates」はワルシャワのナイトクラブで毎晩演奏していました。しかしすぐにこの姉妹がポーランドの首都の至る所に現れるというニュースが流れ、そして観客と彼らの友だちは何も考える事ができないように見えます。シルバーが若いミュージシャンに夢中になっている間、ゴールデンは彼女の殺人衝動と人肉への欲望のコントロールにもがき苦しんでいます、というお話。

コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM