アメリカン・スナイパー

映画 comments(0) - こぶたのゆう


2015年1月16日〜18日付 全米興行成績第1位 8926万ドル。

イラク戦争に4度従軍したクリス・カイルの自伝「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」(American Sniper: The Autobiography of the Most Lethal Sniper in U.S. Military History)を原作とした伝記戦争映画『American Sniper」です。
この映画は当初限定4館で公開がスタートして22位でした。その後公開3週目まで4館限定で公開された後、4週目に3555館に拡大されて8926万ドルで1位になっています。最終的に3週連続No.1、トータルで3億5012万ドルとなり2014年度の年間第1位となりました。これまで2億1650万ドルでアメリカで公開された戦争映画の歴代1位となっていた「プライベート・ライアン」を大きく上回る記録更新で、同じく監督クリント・イーストウッドとしてこれまで最高だった2008年の「グラン・トリノ」を大きく上回って監督最高の興行成績です。映画でムスタファという名のスナイパーを1920メートル離れたところから射殺する場面は原作にはなくて、原作では1920メートルから射殺したのはRPG-7を持った反政府武装勢力の男だそうです。アカデミー賞では6部門にノミネートされましたが、受賞したのは最優秀サウンド編集賞だけでした。

カウボーイでロデオに参戦していたクリス・カイルは1998年に起こったアメリカ大使館爆破事件をテレビで見て、自分も国の為に戦いたいと海軍に志願します。周りは若い人たちという中30歳のカイルは厳しい訓練を通過しシールズとなる事ができました。そしてとあるバーで知り合ったタヤと親密になり結婚するという素敵な人生を歩みます。結婚式の前に起こったアメリカ同時多発テロ事件によって、結婚式当日シールズにも出動命令が出されます。こうして第1回の従軍が始まったのでした。
クリスは屋上から味方を援護するためにライフルで辺りを窺っていましたが、ある建物のベランダに男の姿を発見し、電話をかけているのを見ます。その次に1階から女性と子供が出てきて、女性は隠しながら子供に対戦車用の爆弾を手渡すのを見たのでした。こうしてカイルは自身の判断で子供を射殺、さらに落ちた爆弾を再び手に取って戦車に向かおうとした母親も射殺したのです。最初の射殺が女性と子供という彼にとっては辛い始まりとなったこの従軍で、その後次々に敵を射殺していきその才能を開花させます。こうして参加しているスナイパーの中で桁外れの成績を出す彼を、みんなは「伝説」と呼ぶようになっていきました。しかし次々に行われる戦闘の中、敵だけでなく仲間も命を落としていきます。戦争に疑問を持ったりイヤになっていく者も出てきますが、愛国心に燃え国を守る為に戦っているという強い自負を持っているクリスは戦争の事が片時も頭から離れません。従軍から帰ってきても心ここにあらずといった状態でした。その事によりタヤとの関係にも溝が出来始めます。子供も生まれますが、クリスも次第にPTSD(心的外傷後ストレス障害)に蝕まれていきます。

お話がスナイパーを中心に描かれていくので戦闘のシーンも他の戦争ものよりはそれほど激しくなくてホッとしました。あまり残酷なのは苦手なので。キャッチコピーにある「米軍史上最多、160人を射殺した、ひとりの優しい父親」ですが、実際に優しい父親になるのは軍を辞めてからなので、軍に所属していた時は優しいお父さんとはいえないと思います。ですのでちょっと誤解を生みやすいかなとは思います。もともと正義感の強い子供になるようにお父さんが教育していますし、奥さんとなるタヤとの出会いもクリスの優しさがにじみでるように描かれていますが、正義感が強いが為に戦争と家庭の両立が出来ず(実際できないのが普通だと思います)、結果として家庭が犠牲になってしまいます。ですので戦争に行っていたときの家庭は、2人の子供たちにはお父さんがいない状態だったんですね。妻や子供たち、さらには兵隊さんの親や兄弟姉妹といった人たちは兵隊なんか早く辞めて(自分たちの所に)帰ってきて欲しいと願うものですし、わたしもこちらの方に感情移入しやすいのでクリスを非難っぽい視点で見てしまいがちでした。残念な部分はクリスが最終的に軍を辞めると決意するまでの流れがちょっと唐突に感じられた事。ラストのエンドクレジットになってからの無音はわたしはとてもいいと思いました。

監督はClint Eastwood、出演はChris KyleにBradley Cooper、Taya Renae KyleにSienna Miller、Colton KyleにMax Charles、Marc LeeにLuke Grimes、Goat-WinstonにKyle Gallnerです。
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM