シュワルツェネッガーの出世作の大ヒット・シリーズ最新作 『Terminator Genisys』

日記 comments(0) - こぶたのゆう


2015年7月1日にアメリカで公開されるターミネーター・シリーズのリブートとなる『Terminator Genisys』です。
この映画はターミネーター・シリーズの第5作目となります。アーノルド・シュワルツェネッガーが出演しますが内容的にはリセットされたものとなります。当初のタイトルは「Terminator: Genesis」でしたが、その後現在のタイトルに変更されました。このシリーズの原作者となるジェームズ・キャメロンはこの新作を結構気に入っていて、「最新作は自分にとってターミネーターの3作目だ」と絶賛しているようです。この作品は、今後製作される三部作の第1弾となっていて、T-800とサラ・コナーの関係が育ての親子と変更されています。

2029年、人間の反乱軍のリーダーであるジョン・コナーはマシーンとの戦争をリードしています。ロサンゼルスでの攻防で、ジョンのアーミー・ユニット、Tech-Comからスカイネットがジョンを2つの方向、すなわち過去と未来から攻撃し、現在の戦争の方向を変更しようとしている事を知らされ、不安にかられます。この戦いの勝利が危機に瀕する事態を解決するために、ジョンは信頼を置いている部下のカイル・リース中尉を1984年の過去に送り込み、ジョンの母親の命と彼の存在の確保を指示するのでした。しかしカイルはオリジナルの過去が変えられている事を発見します。彼はオリジナルの過去とは別のバージョンのサラ・コナーと会ったのでした。彼女はすでにスカイネット、審判の日、そしてカイル・リースの役割の事を知っていたのです。10年前に1人のターミネーターがまだ子供のサラを殺すために送られていて、同じくレジスタンス側も彼女を守る為に彼ら自身のサイボーグを送っていたのでした。彼らのその時点での到着が過去を変えてしまっていました。暗殺者が彼女の両親を殺害した後、プログラミングし直されたT-800は彼女が断固として拒否する彼女の運命に直面するために彼女を訓練します。この様に事態が変更してしまった歴史の中で、ジョンの父親となるカイルと、母親のサラはお互いの役割を果たすことができるのでしょうか?

監督はAlan Taylor、出演はThe Terminator / T-800にArnold Schwarzenegger、John ConnorにJason Clarke、Sarah ConnorにEmilia Clarke、Kyle ReeseにJai Courtney、T-1000にLee Byung-hun、T-5000にMatt Smithです。
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM