2015年度 デッド・バイ・ドーン・ホラー映画祭が開催されます

映画祭 comments(1) - こぶたのゆう


2015年4月23日〜26日にかけてイギリスの(スコットランドの)エディンバラで開催されるスコットランド国際ホラー映画祭(別名デッド・バイ・ドーン・ホラー映画祭)です。ホラー映画に特化した映画祭で設立は1993年。主に独立系の映画の優れた作品を発掘するという目的で始まりました。過去にはヨーロッパ・ファンタスティック映画祭連盟に加盟していた事もありましたが、現在は脱退しています。設定されている賞は長編部門と短編部門、そしてアニメーション・ショートに観客賞があります。2014年度は長編部門の観客賞に悪霊に取り付かれている実家に自宅収容命令を受けた女性を描く「Housebound」、短編部門の観客賞に4年生クラスの生徒がエイプリル・フールで教師を脅かそうとしたところ殺してしまった事からそれを隠そうとする「Fool's Day」、アニメーション・ショート部門に絵を描いた紙を重ねていったり切ったり破ったりしながら物語を展開させていく実写のアニメ「Malaria」が選ばれました。
この映画祭が開催されるエディンバラという町は、独立運動で話題となったスコットランドの首都です。旧市街地と新市街地の美しい町はユネスコの世界遺産に登録されていて、中心部にはカールトン・ヒルと呼ばれる丘があります。。ここでの眺めはエディンバラの絵葉書や絵画の題材ともなる素晴らしいものです。またこのエディンバラでは世界最古の国際映画祭のひとつといわれているエディンバラ国際映画祭も6月に開催されます。

2015年度の出品作品は次のようになっています。長編部門のみご紹介します。
新作
Amigo Undead / Ava's Possessions / Blood Punch / Shrew's Nest / Cub / De Poel / When Animals Dream
クラシックス
Manhunter / Henry: Portrait of a Serial Killer / The Vanishing / Dagon / Re-Animator

イギリスで開催されるホラー映画祭というと、他にブラム・ストーカー国際映画祭、アベルトワール・ホラー映画祭、フライトフェストなどがありますが、その一番最初を飾る映画祭がこのデッド・バイ・ドーン映画祭となります。
 
コメント一覧

衝撃事実拡散

最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

この世の痛み、病気、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災等、この世のほぼ全ての災いを【人工知能】を使って秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが【米国防総省】です。この犯罪は、米国がやってる国家犯罪です

この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ、政府機関)のNSAです。CIA(スパイ、政府機関)が創価を日本統治に利用してるってのもあって、NSAが創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

人工知能を活用したレジ不要のコンビニ、米アマゾンの「Amazon Go」このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等を【人工知能】が細かくチェックして、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが必用無いわけです

このシステムからわかる事は、人工知能は、多くの人の行動を1度に管理出来るし、多くの人の一挙手一投足を、見逃さずに監視出来るって事です

この人工知能の技術を米国が悪用して、遠隔から地球上の全ての人を、24時間体制で監視盗聴して、悪さをした人や創価に逆らった人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えます

こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、人工知能が遠隔から各個人の生活スタイルを24時間体制で見て、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

【重要】青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します

この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用も国防総省がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、米国防総省主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は、米国防総省って事です

ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、人工知能が重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、人工知能が警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て人工知能が把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、人工知能が被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

咳をした時の周波数と同じ周波の波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引さ

  • 名無しのちえつかさんさん
  • 2017/07/23 8:05 PM
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM