ジュリアによるネオ・ノワール復讐劇 『Julia』

日記 comments(0) - こぶたのゆう



2014年度のラベンナ映画祭に出品されたアメリカのネオ・ノワール復讐劇『Julia』です。監督はこれが監督デビュー作となるMatthew A. Brown。2014年度のプチョン国際ファンタスティック映画祭に出品されました。

ジュリア・シェームズは盛況な整形外科ビジネスで働いている大人しくて優しい臨床医です。彼女は間違った男Piersとデートし、薬漬けにされてその彼の友達にレイプされます。彼女はこれまでいじめられるという人生を歩んできました。その結果自傷行為に至るようにもなっていました。そのような残忍なトラウマを持った後、緊張症を発症した彼女は謎の医師Sgundudによって彼女のダメージ・コンディションに試用されるらしい新しい治療について聞きました。その回復のための治療はジュリアに彼女の性格の全く新しい影の部分が出てくるということを伴いました。それは、再び犠牲者にならないようにするにはどうすればいいのかを教え、復讐の天使としての権限を彼女に与えます。

監督はMatthew A. Brown、出演はJuliaにAshley C. Williams、SadieにTahyna Tozzi、Dr. SgundudにJack Noseworthy、Dr. LinにJoel de la Fuente、ScottにCary Woodworthです。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM