稲川淳二の超こわい話 おそろし〜い

日記 comments(0) - こぶたのゆう



2009年7月24日にバンダイビジュアルから発売されたオリジナルDVD『稲川淳二の超こわい話 おそろし〜い』です。
「稲川淳二の超こわい話 うらめし〜い/おぞまし〜い」の3本が同時発売となりました。各6話収録で、この「おそろし〜い」の内訳は「樹海」「出口の見えないトンネル」「振り向かない役者」「同僚の死の真相」「真実の鏡」「継母」です。

「樹海」は樹海にロケに来た一行がその現場へ移動する際に、その中のタレントの3人が体験した怪異。
「出口の見えないトンネル」は近くにちょっと怖そうなトンネルがあると聞いて夜そこへ向かった人たちが、もっと怖くするために灯りを消して並んでそのトンネルを通ってみようと考えます。一番後ろの人が何か怖い話をして前に移動、次に後になった人が怖い話をして前に移動を繰り返します。すると自分たちのではない足音が背後から聞こえてきました、というお話。
「振り向かない役者」は神奈川県にある劇場の地下には使用されていない練習場がありました。そこをちょっと見てみようということになり数名の役者がこっそりその練習場の中に入ってみたのですが…というお話。
「同僚の死の真相」は機械の調子が悪くなって残業となってしまった2人。しかし1人が機械に巻き込まれて亡くなってしまいます。ところが同時刻その同僚はみんなが行っていた居酒屋に顔を出していたのです、というお話。
「真実の鏡」は九州北部の閉鎖されたモーテル。ここを美容外科クリニックにしようという話が持ち上がり、女性医師が見学にきます。ところがその女性が悲鳴をあげてモーテルから出てきたのです。彼女は精神的におかしくなっていました。不動産屋が中に入って何を見たのか考えてみるに、どうやら階段の踊り場にある鏡を見たようなのですが…というお話。
「継母」は兄弟の話です。お母さんが亡くなって新しいお母さんがやってきます。お母さんはいつも2人の新しい子供が寝静まった頃そっと枕元にやってきて寝顔を眺めていました。ところがふと目を覚ました弟はそのお母さんをみると大泣きをしてしまいます。それは毎度の事でした。大きくなってから弟にその話をしてみると…といったお話です。

ものすごく怖いというのは今回なかったんですが、まずまず怖かったなというのが2本。1本は「振り向かない役者」で、幽霊が登場するまでの展開はかなり怖いものでした。ラストはちょっとあっさりめかも。もう1本は「真実の鏡」。鏡に映っていたのは何だったのか、というのがポイントですが、それまでの展開から見てちょっと物足りなかった印象があります。こうして映画を見るような視点で見てしまうところが難点ですが、これは一応実話という事なので映画のような展開を望む方が間違ってるんですよね。話で聞くとそれほど怖くないようなものでも、実際自分が体験するとすごく怖いものなんだろうなと思います。「継母」なんか話が終わってみるとどことなく切なくなるような話ですが、実際にそれを体験した当人からすればすごく怖かったんだろうなと想像します。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM