非論理的な無限の空間に問われた2組の物語を描く 『The Incident』

日記 comments(0) - こぶたのゆう



2014年のファンタスティック・フェストに出品されたメキシコのSF『El Incidente』です。
非論理的な終わりのない空間に閉じ込められた主人公たちを2つのパラレル・ストーリーで描きます。2人の兄弟と1人の刑事は果てしのない上り階段で、もうひとつはある家族が終わりのない道に閉じ込められてしまいます。監督のIsaac Ezbanはこれが長編デビュー作です。2013年に第1回Fantastic Market/Mercado Fantasticoに出品されてBest Presentationを受賞しました。そして2014年のVentana Surでこの年から始まったブラッド・ウィンドウに完全版が出品されました。北アメリカではこの上映がプレミアとなります。

2人の兄弟はアパートで警察官と直面していました。取っ組み合いを始めますがその戦いは扉の外の階段の方まで進み、その戦いが終わろうとした時彼らはこの階段が無限に繰り返されていて逃げる事が出来ないことを知ります。
同じ頃、ある家族が休暇を楽しむために家を出発しました。目的地に向かってお馴染みの道を進んでいたのですが、時間の経過とともに道路の直線や周辺の砂漠が繰り返し現れてくることに気付きました。階段の問題と同じように、彼らもまた道路のループに捕まってしまったのです。

監督はIsaac Ezban、出演はMarcoにRaúl Méndez、CarlosにHumberto Busto、SandraにNailea Norvind、RobertoにHernán Mendoza、OliverにFernando Álvarez Rebeil、DanielにGabriel Santoyoです。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM