徐々に狂気に落ちていく様子を描く 『Devoured』

日記 comments(1) - こぶたのゆう



2014年度のコスタ・デル・ソル国際ファンタスティック映画祭に出品されたスペインのスリラー『Devoured』です。背筋が寒くなるような徐々に狂気に落ちていく様子を記録した映画。映画自体は2012年に製作されていて、2012年度のニューヨーク・シティ・ホラー映画祭の最優秀監督賞と最優秀女優賞を受賞しました。

Lourdesはレストランで夜の清掃の仕事をしている若い女性です。彼女が稼いだお金は全て故郷に自分の母親と一緒に暮らしている息子のためでした。Lourdesの息子は病気で彼女は毎晩働き、息子を助けるためにお金を送り彼の病気の治療法が見つかるということしか彼女の息子の事は明らかにされません。突然Lourdesは働いているレストランでビジョンを見ます。それらの映像は、彼女の腹黒い同僚と自分の息子が彼女と離れていくというもので、彼女はこのストレスに参ってしまい自分自身を傷つけたいと望んでいる自分自身に疑問を持ち始めました。それともこれは本当に起こったことなのでしょうか?

監督はGreg Olliver、出演はLourdesにMarta Milans、KristenにKara Jackson、その他Tyler Hollinger、Bruno Gunnです。

コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM