名声を得るための代償は決して安くはない 『Starry Eyes』

日記 comments(1) - こぶたのゆう


2014年のヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭のインターナショナル・コンペティション部門に出品されるアメリカのホラー『Starry Eyes』です。希望に満ちたスターを約束されている若手女優が、その名声を得るための代償が決して安くはなかったというお話。2014年のサウス・バイ・サウスウェストでExcellence in Poster Designを受賞、2014年のボストン・アンダーグラウンド映画祭のDirector's Choice Award for Best Featureを受賞しています。バレエの世界を描いた「ブラック・スワン」ライクな作品との評価もあり。

サラは演技の世界で成功したいと望んでいるとても美しい女優です。彼女の夢を叶える事ができるプロデューサーが彼女に性的な要求をしてきた事を断った事で、彼女が望んでいるものをこの世界で手に入れるのには醜い部分も受け入れる必要がある事を理解します。そして彼女の中に発生する反発の嵐は醜悪です。
彼女はそれを得る為ならどんな事でも喜んでします。たとえそれが彼女自身の個人的な幸せを犠牲にしてもです。映画「The Silver Scream」の出演に彼女がスカウトされた時、サラは名声のために喜んでしなければならない犠牲を支払う決心をしなければなりません。

監督はKevin Kölsch, Dennis Widmyer、出演はサラにAlex Essoe、トレーシーにAmanda Fuller、ダニーはNoah Segan、エリンにFabianne Therese、ポーにShane Coffeyです。
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM