テッド

映画 comments(0) - こぶたのゆう



2012年6月29日〜7月1日付 全米興行成績第1位 5441万ドル。

最終的に2012年度の年間9位に入る大ヒットを記録したセス・マクファーレン監督・脚本・製作・声の出演(テッド)のコメディ『Ted』です。全体的な流れとしてはファミリー向けともいえる内容ですが、多くの下ネタが飛び出してきたりドラッグをお酒やタバコのようや嗜好品のような感覚で描いたりとなかなか内容が過激な為、多くの国でR指定されています。日本でもPG-15指定されていますが、後に「大人になるまで待てない! バージョン」という副題でファミリー向けに再編集した日本語吹き替え版がPG-12指定で公開されました。テレビアニメ「ファミリー・ガイ」や「アメリカン・ダッド」の作者として有名だったセス・マクファーレンですが、この映画が長編監督デビュー作となります。

1985年ボストン郊外に住むジョン・ベネットは、友達を作るのが苦手な少年でした。そのため親友どころか友達と呼べるのは誰もいません。そんなクリスマスの日、サンタさんからのプレゼントにぬいぐるみを貰い、名前をテッドとつけました。そしてテッドとお話できるようになったらいいなとお願いしながら眠りにつきました。次の朝なんとテッドは一人でに動きしゃべるようになっていたのでした。この話題はアメリカ全土に広がり、テッドは一躍セレブの仲間入りをしたのです。
2012年、出会った頃の約束は固く守られて2人はずっと親友同士で一緒に暮らしていました。しかし昔は「生きているぬいぐるみ」として大人気だったテッドも、人々が飽きてくるにつれて人気が下降していき今では酒と女とマリファナ漬けの毎日を送っていました。ジョンはローリーと交際して4年、今では同棲までしていますがどうしても大人になりきれないので結婚に現実味を感じる事ができませんでした。ローリーはジョンが大人になるためにはテッドと距離を置く必要があると考えていました。
付き合い始めて4年目となる記念日の夜、レストランから家に帰ってきた2人はテッドが4人の売春婦を家に招き入れてパーティをしている所を発見します。さらにその1人は家の中にそそうまでしている始末。堪忍袋の緒が切れたローリーはジョンにテッドと離れるように言いました。こうして2人は初めて距離を置いて別々の場所で生活をする事になりました。
そうすると必要になるのはテッドの就職です。部屋を借りたのでお金が必要になってきました。そこでスーパーの定員として働く事になります。テッドはそこで新しい従業員タミ・リンと親しくなるのでした。一方2人きりで新しい生活を始めたジョンとローリーですが、ジョンは相変わらず仕事を仮病を使って早退しテッドの部屋へ遊びにいったりしています。そこでローリーが注意するのですが、今度は大事なローリーのパーティのお供の時にテッドからのパーティの誘いに乗って抜け出し、見事にローリーをすっぽかしてしまいます。このことが2人の仲に決定的に溝を作ってしまう事になってしまいました。ローリーを失ったジョンはテッドと喧嘩、しかしある夜雨の中テッドがジョンの所にやってきました。なんとローリーが会社の上司でローリーに言い寄っていたレックスとデートしているというのです。ローリーとヨリを戻してもらいたいテッドはジョンに協力します。

お話の展開としてはオーソドックスですが、とにかく下ネタのオンパレード。結構ストレートなネタもあって小さい子には見せられないかも。可愛いテディベアの姿ですが、中身は結構エッチな中年となっているギャップがおかしかったです。主人公のジョンが8歳からの付き合いの親友テッドと心から愛している女性ローリーとの板ばさみにあって、どっちつかずで中々大人になりきれない男性で、でも一連の事件を通じて1人の男性として成長する物語でもあります。友情と恋愛その両立というのはどうなんでしょうね。こういったドタバタ喜劇っぽい展開から、後半はテッドを自分のものにしたいと考えている熱狂的なテッド・ファンにテッドが誘拐されるというハラハラドキドキの展開へと発展していきます。本当に起承転結の物語の展開の作り方はファミリー向け映画のようですが、この映画の一番のポイントはやっぱり過激な下ネタなんでしょうね。

監督はSeth MacFarlane、出演はテッドの声にSeth MacFarlane、ジョンにMark Wahlberg、ローリーにMila Kunis、レックスにJoel McHale、ドニーにGiovanni Ribisi、ロバートにAedin Mincks、その他本人が当人としてフラッシュ・ゴードンを演じたサム・J・ジョーンズ、歌手のノラ・ジョーンズ、トップ・ガンに出演していたトム・スケリットも出演しています。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM