2018年度 ラゾールリール・フランダース映画祭 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年10月25日〜30日にかけてベルギーのブルッヘで行われたラゾールリール・フランダース映画祭の結果が発表されました。映画祭のタイトルにフランダースとあるように、フランダース地方(フランドル地方)を中心とした映画祭で、ファンタジー、スリラー、アクション、コメディ、アニメなど幅広いジャンルを扱うフランダース地方唯一のジャンル映画祭です。設定されている賞は才能あるニューカマーに送られるヤングブラッド賞、ヨーロッパ・ファンタスティック映画祭連盟に加盟しているのでメリエスダルジャン、そして観客が選ぶ観客賞とあります。今年は第11回目の開催となりました。

 

2018年の出品作品は次の通りです。

 

長編部門

Suspiria / I’ll Take Your Dead / Mandy / The Ranger / One Cut of the Dead / Beyond Blood / Luz / The Man with the Magic Box / Anna and the Apocalyps / A Young Man with High Potential / Murder in the Woods / Haute Tension / Martyrs / Frontière(s) / Gremlins / Stand By Me / Prospect / Summer of 84 / Await Further Instructions / Pledge / Maniac / The Fog / Xangadix Lives! / The Tokoloshe / Deadtectives / Number 37 / Cam / Isabelle / Lost in Apocalypse / Fly Rocket Fly / What Keeps You Alive / The Dark / Utøya 22. juli / Child’s Play

短編部門

I Am the Doorway / Puzzle / Besoin Dead / Mascarpone / Shadow of the Bride / Sepsis / Vonnis / Atomic Ed / Something in the Darkness / The Hangman / The World Over / Beyond Money / Caronte / We Summoned a Demon / Besoin Dead / My First Time / Boy Gets Eaten / Nouvelle Cuisine / Amancio, A Village Vampire / Deadestiny / Mascarpone / Sylphvania Grove / Shadow of the Bride / Who’s There? / Rape Card / BEC / Limbo / Spoiler / Nereids / Atomic Ed / Something in the Darkness / The Hangman

メリエス・ダルジャン部門

The Dark Room / The Accordion Girl / The Delivery / La Noria / The Nest / Muil / A Doll Distorted

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。

 

フレッシュ・ブラッド賞 Number 37

メリエス・ダルジャン  Muil

観客賞         Deadtectives

 

フレッシュ・ブラッド賞に選ばれた『Number 37』は、最近体が麻痺する事になってしまったランダルは部屋に囚われた状態になっています。そんな彼にガールフレンドのパムは双眼鏡をプレゼントしました。ランダムはサディスティックなローン会社のサメに借金があります。ある時、彼は隣を双眼鏡で観察していましたが、そこで弁護士という名の強力な殺人者が人を殺すところを目撃します。そこで彼はブラックメールという危険な脅迫を始めます、という南アフリカのお話。

メリエス・ダルジャンに選ばれた『Muil』は、リチャードは動物に貪り食われると考えると性的に興奮します。マックスと知り合った彼は、自分の空想の望みを実現するというチャンスを手にしますが…というベルギーの19分のお話。

観客賞を受賞した『Deadtectives』は、メキシコで最も有名なお化け屋敷にその超常現象の調査をしにいくリアリティテレビシリーズの一行を描くアメリカのホラー。

無料ブログ作成サービス JUGEM