第12回 恐怖のこぶた映画祭 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

第12回恐怖のこぶた映画祭の結果発表です。

 

今回はコンペティション部門に次の14作品を選びました。


スレンダーマン 奴を見たら、終わり / ウィジャ ビギニング 〜呪い襲い殺す~ / ゲット・アウト / エンドレス・エクソシズム / インビテーション / マーダー・ドライブ / ザ・モンスター / インサイド / デーモン・インサイド / ダーク・スクール / イット・カムズ・アット・ナイト / ラ・ヨローナ 泣く女 / ジグソウ:ソウ・レガシー / トゥルース・オア・デア 〜殺人ゲーム〜

 

それから競争部門ではない映画として「死霊伝説 完全版」を予定していましたが、これは「石の繭 犯罪分析班」に変更となりました。現代の都市伝説がテーマの「スレンダーマン」や、心霊もの「エンドレス・エクソシズム」「ラ・ヨローナ」、人間の怖さを描く「ゲット・アウト」「インビテーション」「デーモン・インサイド」など、ホラーの定番ジャンルの他、「イット・カムズ・アット・ナイト」のような難解なものもありました。これら14本の中で選ばれたのは次の通りです。

 

グランプリ インビテーション

特別賞   デーモン・インサイド

 

グランプリに選んだ『インビテーション』は、ラストの衝撃の展開がびっくりしたシッチェス国際ファンタスティック映画祭でもグランプリを受賞した映画。ゆっくりと、次第に不穏な雰囲気になっていく展開が良かったです。荒唐無稽とは決していえない、あり得なくない展開なだけに、怖さ倍増です。

特別賞に選んだ『デーモン・インサイド』は、冒頭の予想をいい意味で裏切る先の読みにくい展開(読めない訳じゃないですが、わたしの予想は裏切られました)と、2人の女性の演技力に圧倒されました。2人の見た目と逆の展開になるのが特に気に入りました。

無料ブログ作成サービス JUGEM