第11回 恐怖のこぶた映画祭 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

第11回恐怖のこぶた映画祭の結果を発表します。

 

今回は次の14作品を競争部門に選びました。

ジェーン・ドゥの解剖 / 都市伝説 長身の怪人 / グリーン・ルーム / 哭声/コクソン / デイライツ・エンド / ホーンテッド・サイト / ロング・ウィークエンド / ディープ・サンクタム / Zアイランド / ゾンビ・サファリパーク / フッテージ 惨劇までの13日間 / 飢えた侵略者 / REVENGEリベンジ / アナベル 死霊人形の誕生

 

そして結果はこのように決まりました。

 

グランプリ ジェーン・ドゥの解剖

特別賞   グリーン・ルーム / ディープ・サンクタム

 

グランプリに選んだ『ジェーン・ドゥの解剖』はなんだか尋常じゃない事になってる感がすごく出てて、見ていてドキドキする事ができました。おおよそ何が起こっているかは映画内で判断はできますが、その正体となるとはっきりとは分らないまま終わります。その謎の感じもすごくよかったです。

特別賞に選んだ『グリーン・ルーム』は人間VS人間という内容のお話ですが、ホラーというよりはサバイバル重視の内容です。ですが、先の読めない展開(わたしにはそうでした)と、それなりなリアリティには好感が持てました。同じく特別賞に選んだ『ディープ・サンクタム』は、グランプリになるほどの傑作ではないものの、そのキラリと光るものがわたしを捉えて離さない何か、がありました。これをアメリカが作ったら、ありきたりのものになっただろうな、という気はします。日本版タイトルが良くないですね。

無料ブログ作成サービス JUGEM