2017年8月18日〜20日付 全米映画興行成績 Top 5

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年8月18日〜20日付の全米映画興行成績 Top 5です。

 

今週末全国規模で公開された新作は2本。その中で最大規模の3377館で公開されたのは、世界トップクラスのボディガードが長年敵対していたヒットマンをイギリスからオランダの国際司法裁判所まで警護しなくてはならなくなったアクション・コメディ『The Hitman's Bodyguard』でした。2160万ドルを記録して1位を獲得。「アナベル」の2週連続No.1となるかとの予想の中、この映画がなかなか健闘して1位になりました。もうひとつの3031館で公開されたのはスティーブン・ソダーバーグ復帰のヘイスト・コメディ『Logan Lucky』。チャニング・テイタム、アダム・ドライバー、ダニエル・クレイグ、ケイティ・ホームズ、ヒラリー・スワンクなど豪華キャストですが、興行の方は800万ドルと低く3位となりました。映画の評価の高い監督ですが意外にも興行的には大ヒット作は少なく、一番の大ヒットとなった「Ocean's Eleven」でさえオープニング記録は3810万ドル、トータル1億8341万ドルでした。

 

2017年度の年間興行成績では1位の「Beauty and the Beast」は変わらず。5億ドルを越えて歴代興行成績も8位という大ヒットとなりました。2位には4億400万ドルで「Wonder Woman」、3位には「Guardians of the Galaxy Vol. 2」で3億8919万ドル、4位は「Spider-Man: Homecoming」で3億1405万ドル、5位は「Despicable Me 3」で2億5174万ドルです。

 

1(-) The Hitman's Bodyguard 2160万ドル

2(1) Annabelle: Creation 1550万ドル

3(-) Logan Lucky 800万ドル

4(2) Dunkirk 670万ドル

5(3) The Nut Job 2: Nutty by Nature 510万ドル

 

さて来週ですが、全国規模での公開となる新作は2本。最大規模の2000館で公開されるのはフランスとカナダ合作のアニメ『Leap!』。原題は「Ballerina」で海外では既に公開済です。1500館で公開を予定しているのはブルース・リーの伝記映画『Birth of the Dragon』。今週は今年一番低い市場全体の興行成績となってしまいましたが、来週はさらにそれを下回る可能性がありそうです。全体的に低い数字での戦いになりますが、『Leap!』が2000館レベルで1位になると、今年の2月24日〜26日付で1位になった「Get Out」の2781館以来の2000館台1位になります(2000館台での1位は2017年はもうひとつ、1月6日〜8日付で1位になった「Hidden Figures」が2471館でした)。

無料ブログ作成サービス JUGEM