2017年5月19日〜21日付 全米映画興行成績 Top 5

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年5月19日〜21日付の全米映画興行成績 Top 5です。

 

今週末全国規模での公開となる新作は3本。その中で最大規模の3761館で公開されたのは監督リドリー・スコットのエイリアン・シリーズ最新作で「Prometheus」の続編『Alien: Covenant』でした。その結果は3616万ドルを記録して公開3週目の「Guardians of the Galaxy Vol. 2」の3465万ドルを僅差で上回って1位になりました。3616万ドルは2012年の「Prometheus」の5105万ドルと比べると今ひとつだったんじゃないでしょうか。前作は5105万ドルでしたが同じ週に「Madagascar 3」が6031万ドルで1位を奪われての2位でした。今回はそれよりもかなり低い数字でしたが、ランキング上は1位です。

2番目の規模3157館で公開されたのはこれまたシリーズ最新作となる『Diary of a Wimpy Kid: The Long Haul』。こちらは712万ドルと大きく数字を落としての6位。このシリーズはこれまでもそれほど大きな数字を稼ぐ映画ではなかったんですが、4作目はこれまで一番低かった2012年の「Diary of a Wimpy Kid: Dog Days」の1462万ドルの半分と一番低い結果に終わっています。

2801館で公開された『Everything, Everything』は上映館数はそれほど大きくはないですが、1172万ドルを記録して3位。この映画リトアニアでは1位になっています。

 

スタジオ別ではディズニーがとうとう1位に上がりました。「Beauty and the Beast」が5億ドル目前、「Guardians of the Galaxy Vol. 2」も3億ドル突破と本数は少ないもののメガヒットを記録しています。2位にはユニバーサル、3位は20世紀フォックス、4位はワーナー、そして5位にライオンズゲートが入っています。6位のパラマウント、7位のソニーはここ数年の低迷が今年も続いています。

 

1(-) Aliens: Covenant 3616万ドル

2(1) Guardians of the Galaxy Vol. 2 3465万ドル

3(-) Everything, Everything 1172万ドル

4(2) Snatched 783万ドル

5(3) King Arthur: Legend of the Sword 715万ドル

 

さて来週ですが、全国規模の公開の新作は2本。4000館以上での公開を予定しているのはシリーズ第5弾の『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales』。2011年の第4作目は9000万ドルだったものの、その前は1億ドルを越えるオープニングを記録するシリーズ。今回も高いオープニング記録が期待できます。もう1本は大ヒットテレビドラマの映画化でドウェイン・ジョンソン主演となる『Baywatch』。3400館で予定されていますが、パイレーツオブカリビアンとぶつかってしまったパラマウント。『Baywatch』もそのあおりを食らってしまいそうです。

無料ブログ作成サービス JUGEM