2018年8月17日〜19日付 全米映画興行成績 Top 5

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年8月17日〜19日付の全米映画興行成績 Top 5です。

 

今週末全国規模で公開された新作は3本。その中で最大規模の3520館で公開されたのは、CIAの特殊部隊が大使館から空港までの22マイルを警護します、という『Mile 22』でしたが、その結果は1360万ドルの3位でした。もう1本同じ程度の規模の3384館で公開された、ニューヨークに住むアジア系のアメリカ人レイチェルは彼氏の友達の結婚式のために彼の故郷シンガポールに行きますが、そこにはレイチェルの想像よりはるかに凄いお金持ちの世界でした、というロマンティック・コメディ『Crazy Rich Asians』が、2520万ドルを記録して1位になりました。「The Meg」が2115万ドルでしたので、僅差ではありますが1位です。2719館で公開された『Alpha』は2万年前の氷河期のヨーロッパを舞台にしたお話。1050万ドルを記録して4位になりました。『Crazy Rich Asians』は監督Jon Chuですが、この人の監督作品としては、2013年の「G.I. Joe: Retaliation」以来2本目の1位獲得となりました。

 

1(-) Crazy Rich Asians 2520万ドル

2(1) The Meg 2115万ドル

3(-) Mile 22 1360万ドル

4(-) Alpha 1050万ドル

5(2) Mission: Impossible - Fallout 1050万ドル

 

さて来週ですが、全国規模での公開を予定している新作は1本。3000館で公開される『The Happytime Murders』はメリッサ・マッカーシー主演のコメディ。私立探偵とマペットの相棒が殺人事件を調査するお話です。マペットが出てくる映画ですがR指定という事で、卑猥な言葉や性的描写が多いみたいです。この人の主演作は2000万ドルから3000万ドルのオープニングが多いようなので、今回も2000万ドルレベルのオープニングは行くんじゃないでしょうか。そうなると、1位の可能性が出てきます。

無料ブログ作成サービス JUGEM