スカイスクレイパー

映画 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年7月13日〜15日付 全米興行成績第3位 2490万ドル

 

「セントラル・インテリジェンス」の監督ローソン・マーシャル・サーバーと主演ドウェイン・ジョンソンという同じタッグのアクション映画『Skyscraper』です。撮影開始は2017年9月から、カナダのバンクーバー、ブリティッシュコロンビアでスタートしました。映画はジョンソンの演技と映画のサスペンスフルなシーンは称賛されたものの、「タワーリング・インフェルノ」と「ダイ・ハード」にあまりにも似ている脚本については批判されています。

 

ウィル・ソーヤーは知り合いの男が元妻と子供を人質に立てこもり交渉が決裂したため、USマリーンの制圧部隊として家に突入します。確保したと思ったのですが、実は男は体に爆弾を巻き付けていて、手にしていたスイッチに気づいた時には手遅れでした。

10年後、爆発で左足を失ったウィルはUSマリーンを辞めて小さな会社を興していました。FBIの時の同僚で現在も友人のベンの仲介で香港のパール・ビルのセキュリティチェックを任された彼は、妻のサラと双子の子供たちジョージア、ヘンリーと香港にやってきていました。セキュリティは万全で、仕事を終えたウィルはその帰宅の途中、何者かに襲われカバンを奪われてしまいます。実は裏で手引きしていたのはベンでした。ところがウィルは仕事で使ったタブレット(ウィルしか使えないようにされているパールの全システムを動かす事のできるものです)をカバンには入れていませんでした。ベンは実力行使でウィルからタブレットを奪おうとしますが、反対に自身の銃で体を撃たれてしまいます。死ぬ間際に彼はウィルに早く逃げろといいます。しかもサラたちも危ないと。何者かの襲撃を直後に受けたウィルは何とか逃亡し、パールの96階で火災が起きているのを目撃しました。それはコレス率いるグループがとある目的をもって行った犯行だったのです。

 

確かに言われているように、「タワーリング・インフェルノ」と「ダイ・ハード」にすごく似ています。映画自体もリアリティというよりは漫画チックで、例えば高層タワーの遥か上の方で外に出るために両手に粘着テープを巻き付けて吸盤替わりにするとか(埃ですぐにダメになりそうな気がしますが、映画では最後まで役に立ちます)、あまりにも距離のありすぎるポスターのあのジャンプシーンもジョンソンの筋肉ムキムキのあの巨体であの距離は無理なんじゃないかとか、ツッコミどころも満載です。でも、この映画はそういうところに目を向けるんじゃなくて、その漫画的な展開を楽しむような見方で観た方がいいように思います。基本的に家族愛がメインで描かれていて、家族が一丸となって足を引っ張る者もなく頑張るというのは観ていて気持ちよかったです。そんな中で気になったのは、セキュリティを突破するために専門にやとわれた人が自分しか変更できないようにした、と発言したあと仲間に始末されるんですが、ウィルがその後結構いろんなシステムを使いこなしてた部分です。専門的な事は分かりませんが、使えなくしたといったのに他の人が使えてるとなると、その設定が生かされていないように感じました。それでも全体的にはベタな展開で、凡その予想ができますが、気楽に楽しめるアクションものだと思います。

 

監督はRawson Marshall Thurber、出演はWill SawyerにDwayne Johnson、Sarah SawyerにNeve Campbell、Zhao Long JiにChin Han、Kores BothaにRoland Møller、XiaにHannah Quinlivanです。

無料ブログ作成サービス JUGEM