回路

映画 comments(0) - こぶたのゆう

 

2001年に公開された黒沢清監督のホラー映画。2001年にカンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。黒沢清という人は、塚本晋也とともに日本よりも海外で非常に高い評価を得ている人です。

観葉植物を販売する会社「サニープラント販売」で働く工藤ミチという女性を中心に展開するお話と、大学生川島亮介の物語が平行していきます。工藤ミチの方のお話は、同僚の田口が自殺してしまい、それが始まりとなって自分の周りの人たちが次々にいなくなってしまいます。いなくなるときは黒い影になってそのまま消えてしまうのです。同僚の矢部、社長、順子、両親と次々にいなくなってしまいます。
川島亮介は、インターネットを始めると変な動画に画面が切り替わってしまいます。「幽霊に会いたいですか」と聞いてくる不気味なサイトでした。そして頭に袋をかぶっているのですが、その人物が次第に画面に近づいてきて頭の袋を取ろうとします。何か見てはいけないものという気がして画面を切ります。大学で知り合った春江に相談しますが、その春江の様子がおかしくなってきます。そして春江も姿を消してしまいます。

というお話です。身近な人たちがどんどん消えていく、しかもなぜか理由がわからない、自分もいつ消えてしまうかわからない、といった怖さと、消える直前に何か(幽霊なのかな?)が出てくるみたいで、それがすごく怖い! この映画は大きく分けて前半後半で大きく印象が変わってきます。前半部分は何か心霊的なものがある人たちをさらっていくような物語ですが、後半部分はどんどん消える人が多くなってきて、世界の終わりみたいなスケールの大きいパニック映画なみの展開になっていきます。果たして遠藤ミチや川島亮介はどうなるのでしょうか?

黒沢清というと大傑作『CURE』がありますし、『降霊 KOUREI/Seance』というテレビ番組(これはテレビドラマだというのに本当にやばいくらい怖すぎるドラマです)もあります。わたしの中ではこの2作品がこの監督の金字塔で、その次に来るのがこの『回路』です。前半は傑作なのですが、後半ちょっと残念な展開になってしまいました。でもトータルで見てよかったと思います。反対に『カリスマ』とかは今ひとつでした。ちょっと出来不出来に開きがあるような気がしますが、その世界は独特なので好みに合えば面白いでしょう。
工藤ミチに麻生久美子、川島亮介に加藤晴彦、春江に小雪、ミチのお母さんに風吹ジュン、他に黒沢清といえばこの人、役所広司も出ています。

無料ブログ作成サービス JUGEM