百年の花嫁

ドラマ comments(0) - こぶたのゆう

 

2014年2月22日〜4月12日 TV朝鮮放送。

 

2014年2月22日から4月12日までTV朝鮮で放送された韓国のテレビドラマ『백년의 신부』です。韓国のドラマは週2日の放送が多いんですが、このドラマも土曜日と日曜日の2日間連続で放映されています。そのため全16話ですが、4月12日に終了しました。TV朝鮮は2009年に大企業と新聞社の放送事業参入が認められたのを受けて新規参入したテレビ局で、KBSやMBCのようなメジャー級と比べると小さな規模です。メディアは韓国ではあまりメジャーじゃないからなのかDVDなどのソフトの発売は確認できませんでしたが、日本では韓国未放送シーン40分を追加した特別版で発売されています。企画の段階では「신부가 필요해 」(花嫁が必要)というタイトルでした。当初は毎週土日の夜8時からの放送で、3月14日から金土の夜11時に変更になりました。

 

海の側の田舎町に祖母と2人暮らしをしているドゥリムは海女と飲食店のアルバイトをして暮らしています。ある日、出前で建設現場に行った際、現場を見に来ていた建設会社の重役チャン・イヒョンを助ける事になりました。頭に物が落下してきたのを助けたのです。イヒョンはドゥリムが自分の妹のイギョンに瓜二つなのに驚きます。彼の会社はいま危機的状況で、妹と太陽グループの御曹司チェ・ガンジュとの結婚が会社が生き残るためにどうしても必要でした。2人の間に愛はなく、共に政略結婚であることは了承しています。そのガンジュの家にはある呪いがありました。それは代々長男の最初の嫁は死ぬというものでした。ガンジュのお父さんもそうで、今の妻(ガンジュのお母さん)は2人目です。しかしそのことは一部の者しか知らなくて、当のガンジュでさえただの噂と考えていました。ガンジュには右腕となるイ・ルミがいて、彼女は仕事もとても優秀です。彼女はガンジュの事が好きで、友達であるイギョンがガンジュと結婚するのが面白くありませんでした。しかし、政略結婚で仕方なく結婚するつもりのガンジュにはイギョンへの愛は無く、イギョンに冷たく当たります。イギョンは結婚するのが本当はイヤで、ガンジュの代表就任式の前に姿を消してしまいます。このままではこの結婚が破談になってしまうため、苦肉の策としてイヒョンはドゥリムを妹の替え玉とする事を思いつきます。

 

第1回目を見た時点での感想は普通でしたが、第2回から俄然面白くなってきました。結局そこからラストまで一気に見させる面白さだったと思います。わたしはあまり韓国ドラマを見ないんですが、これは凄く面白かった!もっといろいろ見てみようかなと思います。何度も泣いてしまって、終盤の頃は頭痛がしてしまいました。設定自体はよくある展開で、韓国ドラマという事もあって大体終わりまでの大まかなストーリーは予想できますし、その通りです。ただわたしはこの展開(ある意味テンプレート化されてる?)すごく好きで、こうなると自分の好みの展開になるかどうかが一番気になる所です。最後は2人は結ばれるのは分かりますし(コメディですから)、そこから考えられるのはそこまでの展開に幾つかのストーリーが考えれる事です。終盤ちょっと重い展開が続くところはありましたが、総じてわたしの好きな展開でした。ここは観る人の好みによる所も大きいかと思います。ラストが予想できる(そしてそれはほぼ間違いない)ので、そこまでの過程が自分好みかどうかがドラマの評価につながるかな。過剰な演技とか、登場人物の少なさとか、色々とありますが、そこはドラマなので気にしません。特に韓国のドラマは日本のものよりも演技というか、感情の起伏は激しいので。前にも幾つか韓国ドラマを見た事はありますが、今まで観た中で一番面白かったです。2人だけの結婚式なんてすごくポイント高いです。面白かったのはタイトルの「百年の花嫁」にも繋がる現代と過去の関係の部分。どうしてドゥリムなのか、という理由が結構ちゃんとしてました。わたしは韓流スターをほとんど知らないので、普通の人という感じで観れたのがより感情移入できた理由だったのかも。

 

出演は나두림 / 장이경 に양진성、최강주に이홍기、박순복に남정희、오진주に박진주、최일도に최일화です。

目覚めたら美女に変身! 『Krasotka!』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年8月13日〜16日付のロシア興行成績で第1位になったのは、ごく普通の女性が目覚めたら美女に変身していたというロシアのコメディ『КРАСОТКА В УДАРЕ』です。ロシア全体では2位の「Unhinged」に差をつけての1位ですが、首都モスクワでは上映館数が少なく2位でした。この映画は2018年のアメリカ映画「I Feel Pretty」のリメイクで、女優Яна Гладкихの長編映画の監督デビュー作となります。

 

ポリーナはごく普通の女性です。平凡な外見に平凡な日常。家庭や職場ではいろいろと問題を抱えています。家には怪しげな将来計画を立てている失業中の夫がいますし、職場の同僚は彼女の事を女性として見ていません。夫婦喧嘩で夫は彼女に手をあげ、ポリーナは永遠にこの家から出ていこうと考えています。整形外科医のレセプションで偶然に捕まってしまった彼女は、自分の容姿がもっと良かったらと考えました。新しい夫婦喧嘩は信じられないほどの結果につながります。頭の後ろに打撃を受けたポリーナは意識を失いました。そして次に目覚めたとき、自分が驚くほど美しくなっているのに驚きます。

 

監督はЯна Гладких、出演はЮлия Александрова, Андрей Бурковский, Лариса Кокоева, Максим Блиновです。

2020年度第35週 映画興行成績

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年第35週の映画興行成績です。

 

全米映画興行成績 Top 5

1(-) The New Mutants

2(1) Unhinged

3(-) Bill & Ted Face the Music

4(-) The Personal History of David Copperfield

5(3) Words on Bathroom Walls

 

1位になったのは、X-メンシリーズの第13作目で最終話となる『The New Mutants』です。でもアクションものではなくて、青春ホラーというスタンスの映画になっているようです。この映画の撮影後、20世紀フォックスがディズニーに買収されたので、同じマーベルものとして、マーベル・シネマティック・ユニバースと合流する事になるのかは不明です。当初は3部作の1作目の予定のようでしたが、その続編もわからなくなりました。3位の「Bill & ted Face the Music」は1989年の第1作目と1991年の第2作目の続編となる第3作目。中年となった2人(同じキャスト。テッドはキアヌ・リーヴス)が登場します。

 

日本映画興行成績 Top 5

1(-) 事故物件 恐い間取り

2(2) 映画ドラえもん のび太の新恐竜

3(1) 糸

4(5) 今日から俺は‼ 劇場版

5(4) 2分の1の魔法

 

1位になった『事故物件 恐い間取り』は事故物件住みます芸人・松原タニシのノンフィクション書籍が原作の映画版。2日間の観客動員数は26万3000人、興行収入は3億5800万円です。先週1位だった『糸』は中島みゆきの同名の曲をもとにしたお話。菅田将暉・小松菜奈共演です。

フィンランドの群像コメディが1位 『Seurapeli』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年8月21日〜23日付のフィンランド興行成績で第1位になったのは、フィンランドの群像コメディ『Seurapeli』です。新型コロナで劇場公開がなくなって、その再開から数週間経ちましたが、その中で最大のオープニングとなりました。先週1位だったジェラルド・バトラーの「Greenland」の2倍ものオープニングです。監督はこれが長編デビューとなるJenni Toivoniemi。この映画の撮影は2019年にフィンランドのVillinkiでスタートしました。ここはヘルシンキの近くの島で、古くからのプライベートの別荘や大きな屋敷があるそうです。

 

古くからの友人たちのグループは、のどかな田舎の海辺の別荘でノスタルジックな週末を過ごすために集まりました。この集まりは、10代の頃のように、その中の1人Mitziのサプライズ・バースディを祝う意味もありました。Mitziがサプライズに満足しなかった時、パーティはすぐに間違った方向へと進んでいきます。Mitzinの親友Veronikaがスウェーデンのハリウッド・スター、Mikaelを予期せずに連れてきたとき、緊迫した状況は新しい方向に向かっていきます。友人たちの人間関係や力関係が悪化していくことになります。

 

監督はJenni Toivoniemi、出演はVeronikaにLaura Birn、MitziにEmmi Parviainen、UllaにPaula Vesala、NataliにIida-Maria Heinonen、HärdeにEero Milonoffです。

自己啓発本が原作のドラマがスイスで1位に 『The Secret: Dare to Dream』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年8月13日〜16日付のスイス興行成績で第1位になったのは、Rhonda Byrneが2006年に発表した自己啓発本『The Secret』が原作となるアメリカのドラマ『The Secret: Dare to Dream』です。主演はケイティ・ホームズ。アメリカでは劇場公開はせずに、ビデオ・オン・デマンドでの公開でした。まだまだ新型コロナの影響で観客動員数は少ない状況ですが、この週末スイスでは多くの映画が公開されています。それらを抑えての1位で、次の週も1位をキープしています。

 

ミランダ・ウェルズは彼女自身の3人の子供を育てるのに四苦八苦しながら一生懸命に仕事をしている未亡人です。彼女はニューオリンズの田舎町のシーフードレストランで働いています。彼女には人生を楽しむ余裕はありません。だから屋根の雨漏りを修理するなんてことは問題外です。彼女はまた、中途半端に彼女の上司で明るく裕福なタックとデートしています。そのことは喜びというよりはプレッシャーとなっていました。ある日、ブライ・ジョンソンという人物がミランダにとって非常に重要になる封筒を持ってやってきました。彼はミランダの人生を変える情報を持って、ナッシュビルからやってきた教授でした。

 

監督はAndy Tennant、出演はMiranda WellsにKatie Holmes、Bray JohnsonにJosh Lucas、TuckerにJerry O'Connell、BobbyにCelia Westonです。

あやしいパートナー 〜Destiny Lovers〜

ドラマ comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年5月10日〜7月13日にかけて韓国のテレビ局SBSで放送されたドラマ『수상한 파트너』です。

このSBSドラマスペシャルという番組は、毎週水曜日と木曜日の夜10時から放送されるもので、夜10時から11時10分の放送時間の中で2話連続放送という形をとるミニドラマの形式になっています。ですので厳密には全40話ですが、1日の放送が2話づつですので1日1話と換算すると全20話になります。主演のチ・チャンウクはSBSのドラマ出演はこれが3作目となりました。

 

ウン・ボンヒは彼氏が浮気をしているというメールを受け取りました。そこに書かれていたホテルへ向かう途中に乗った地下鉄の中で、彼女はスーツの男性からの痴漢に遭いました。実はその隣の別の男性が犯人だったのですが、ボンヒは別の男性ノ・ジウクを犯人と決めつけてしまいました。その後、駆けつけたホテルで恋人のチャン・ヒジュンが他の女性と一緒いる所を目撃してしまいます。ヒジュンはボンヒに歩み寄りますが、ボンヒはそれを拒否、別れを宣告しさらに自分も一夜の恋を実行するといいます。そして、最初にぶつかった人と寝ると発言しました。その彼女に自身からぶつかってきた男性がいました。それはあの地下鉄のスーツの男性でした。スーツの男性ジウクは彼女を連れていきますが、最初から寝るつもりはありませんでした。可哀そうな様子のボンヒを助けるためだったのです。ボンヒは一緒にお酒を飲もうとジウクを誘います。記憶が無くなるまでたくさん飲んでしまい、ボンヒが次に気づいたのは翌朝のベッドの中、しかも場所はジウクの部屋でした。

 

ラブコメという触れ込みで、実際第1話からラブコメ要素満載の展開ですが、序盤のそれに対して中盤から後半にかけてラブコメにしてはちょっと重い展開が長いように感じました。ボンヒが殺人の容疑を懸けられる事になる事件の実際の犯人捜しという要素と、犯人が分かってからのどうやって起訴するか、という展開があるのでそれなりのシリアスな展開は仕方がないですが、ボンヒとジウクの恋愛の展開も、ラブコメにしてはちょっとシリアス過ぎるように思います。2枚目で最初はちょっと冷淡な感じのジウクが次第にボンヒに惹かれていく様子や、おっちょこちょいなボンヒの一途な気持ちなんかはとても良かったです。犯人との終盤のやり取りはちょっと都合がいいようにも思いますが、あの内容からの展開を考えるとそれなりにスッキリするものだったのでわたしは良いと思います。その反面、終盤の2人の恋愛模様が急ぎ足になっていたのは残念でした。という部分はあるものの、全体的にはとても楽しめるドラマだったと思います。このドラマは主人公2人の周囲にいる人たちも魅力的なキャラが多いのも良かったです。韓国ドラマ全般に言える事ですが、登場人物がすごく少なく、さらにその少ない登場人物が実は運命的なつながりがある事が多いので都合がよすぎるきらいはありますが、その展開の描き方は上手だなあと思います。

 

出演は노지욱に지창욱、은봉희に남지현、지은혁に최태준、차유정に나라です。

2020年第33週 映画興行成績

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年の第33週の映画興行成績です。

 

全米映画興行成績 Top 5

1(-) The SpongeBob Movie: Sponge On The Run

2(-) Unhinged

3(1) The Tax Collector

4(3) The Rental

5(6) Peninsula

 

1位の『The Spongebob Movie』はテレビシリーズ「SpongeBob SquarePants」の映画版で2015年の「The SpongeBob Movie: Sponge Out of Water」以来となる映画版第3弾です。元々世界規模での公開を予定ていましたが、コロナの影響で変更されてしまいました。今回は300館の限定公開で、その後ビデオ・オン・デマンドの形でリリースされるようです。2位はラッセル・クロウが恐ろしい男を演じるスリラー『Unhinged』、3位はギャングからお金を巻き上げるアクション・スリラー『The Tax Collector』、4位の『The Rental』は海辺の家をレンタルしたところ、そこで恐ろしい目にあうホラー、5位の『Peninsula』は韓国映画で「新感染 ファイナル・エクスプレス」です。

 

日本映画興行成績 Top 5

1(-) 劇場版「Fate/stay night」

2(1) 映画ドラえもん のび太の新恐竜

3(2) 今日から俺は‼劇場版

4(3) コンフィデンスマンJP プリンセス編

5(-) 弱虫ペダル

 

1位の「Fate/stay night」はヴィジュアル・ノベル・ゲームを三部作でアニメ映画化したその第3部。2位の「のび太の新恐竜」は連載50周年記念作品で映画版としては40作目。第1作目とは違うお話です。3位の「今日から俺は‼」は80年代の漫画が原作の映画化。4位の「コンフィデンスマンJP プリンセス編」はフジテレビで放送されたドラマの映画化で劇場版第2弾。5位の「弱虫ペダル」は「週刊少年チャンピオン」に連載中の同名漫画が原作です。

ジョーカー

映画 comments(0) - こぶたのゆう

 

2019年10月4日〜6日付 全米興行成績第1位 9620万ドル。

 

ここから2週連続のNo.1となったアメリカのサイコロジカル・スリラー『Joker』です。バットマンの有名なビランであるジョーカー誕生の物語ですが、アクション映画ではなくサイコロジカル・スリラーに注意が必要です。この映画は続編のないスタンドアローンの映画を意図して製作されました。映画のヒットとジョーカーを演じたホアキン・フェニックスが続編に興味を示すかという点が焦点となりますが、現在は可能性はあるものの決定にはなっていないようです。第92回アカデミー賞でホアキン・フェニックスが主演男優賞を受賞しました。

 

1981年、アーサー・フレックはゴッサム・シティで大道芸人の仕事をしていました。しかし精神的に不安定で薬も手放せないアーサーは同僚からも気味悪がられ、仕事もうまくいきません。それでも、いつかコメディアンで成功することを夢見て、日々思いついたネタをノートに書き留める毎日を送っていました。お母さんは若い頃に働いていたトーマス・ウェインに助けを求める手紙を毎日書いています。ある日アーサーは、同僚から身を守るために銃をもらいます。この間町の若者に仕事で使う看板を奪われ、暴行まで受けていたからでした。ところが小児病棟の慰問中にその銃をうっかりみんなの目の前に落としてしまい、仕事をクビになってしまいます。絶望の中電車に乗っていると、お酒に酔っている3人のサラリーマンが女性に絡んでいるのを目撃しました。アーサーは突然笑いだしてしまう発作を持っていて、ちょうどこの時もそれが起こってしまいます。今度は3人はアーサーに絡み始めました。彼は持っていた銃でその3人を射殺します。恐怖を感じたアーサーですが、同じく心地よい高まりをも感じていました。3人のサラリーマンはウェインの会社(ゴッサム・シティを事実上支配している大企業)の社員で当然給料もいい上流の人たちでした。ゴッサムは貧しい人たちも多く、彼らからはこの3人の殺害は富裕層への報復ととられます。次第に英雄とされていくアーサー。そんなとき、お母さんのウェインへの手紙を盗み見た彼は、自身がお母さんとウェインとの間の隠し子である事を知ります。

 

この映画は調子の良い時じゃないと観れないです。とにかく全体的に物語は暗く、絶望的で希望のない展開です。裏切られ蔑まれ、しかも精神的な病気を抱えている中で、犯罪にまで手を染めるというお話で、次第にアーサーの狂気がエスカレートしていきます。でも狂気はアーサーだけじゃなくて、ゴッサム・シティ全体が次第にその狂気のボリュームを上げていくような感じがあります。ホアキン・フェニックスの演技は凄くて、圧倒されてしまいます。弱弱しく、狂気に次第に蝕まれていく様子がすごく怖くて、ジョーカーという人物も、ヒーローものの敵というんじゃなくて、あくまでもリアルな狂人になっています。1人の人物の狂気の進行状況を見ていくような感じの物語です。ですので、スリラーというジャンルはもっともだと思いました。展開の意外性もあって、それが一層狂気を増幅させるのは良かったです。ただ映画がすごく辛いものなので、観るのは要注意。ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞するという快挙もしている映画ですが、賛否両論のようです。アート作品としての評価も高いです。ですが、もう1回観るかといわれたら、わたしは無理です。

 

監督はTodd Phillips、出演はArthur FleckにJoaquin Phoenix、Murray FranklinにRobert De Niro、Sophie DumondにZazie Beetz、Penny FleckにFrances Conroyです。

ジュラシック・ワールド/炎の王国

映画 comments(0) - こぶたのゆう

 

2018年6月22日〜24日付 全米興行成績第1位 1億4802万ドル。

 

ジュラシック・パーク・シリーズとしては5作目、「ジュラシック・ワールド」の続編となる『Jurassic World: Fallen Kingdom』です。前作はアメリカでの歴代オープニングの新記録、全世界での歴代オープニングの新記録を作ったメガヒットでしたが、今作は単独で見れば大ヒットですが、前作との比較ではかなりダウンした感じです。現在この続編として「Jurassic World: Dominion」が製作中ですが、コロナの影響で公開予定の2021年6月11日に間に合うかどうかは分かりません。

 

前作から3年後。あるグループがインドミナス・レックスの骨の一部を回収します。一方、前作で施設の運用管理をしていたクレア・ディアリングは現在恐竜保護を目的にDinosaur Protection groupを設立して活動していました。現在イスラ・ヌブラルでは火山が大規模な噴火目前となっていて、そこにいる恐竜をどうするかの議論がなされています。クレアたちのグループの活動もむなしく、議会では救出はしないとの結論となりました。そこでクレアは亡くなったジョン・ハモンドのパートナーだったベンジャミン・ロックウッドを尋ね、彼のサポートを得る事にします。その時ロックウッド財団の経営者をしているイーライ・ミルズからヴェロキラプトルのブルーを保護したいという依頼を受けました。そこでブルーを保護するためにはどうしても必要となる人物をスカウトに向かいます。それはブルーを育てた人物、元監視員のオーウェン・グレイディでした。イスラ・ヌブラルでブルーを見つけますが、ミルズに雇われていた部隊の隊長ウィートリーがクレアたちを裏切り、ブルーをはじめ多くの恐竜を捕獲、船に乗せ始めます。何とか島から脱出する船に忍び込んだクレアたちはこの事態を外部に知らせようとしますが、それを察知したウィートリーに捕まってしまいます。

 

一応、「ジュラシック・パーク」シリーズの続編の流れとは違うように考えられた展開の続編で、物語的には評価できますが、前作からかなりトーンダウンしてしまっています。前作は「ジュラシック・パーク」のある意味リブート的な内容でした。パークを再建して再び人を呼ぶ(今回はオープン前の視察ではなくて実際にテーマパークとしてオープンしていますが)という同じ展開をさらに発展させて上手に昇華させた感じでした。ですので「ジュラシック・パーク2」のような展開にすると、「またか」みたいになる所をこういう方向に持っていったのは良かったです。ですが、今回のメインとなる敵は前作のティラノサウルスの強化版インドミナス・レックスのような衝撃はなく、頭の良さもラプトルとの差別化があまりなかったように思います。このシリーズは残酷なシーンは結構あるものの、善人は大体助かって悪人は食べられるのがパターンになっています。それが安心して見られるお約束みたいになってるんですが、ここでそのパターンを大きく変えてしまって、良い人悪い人関係なしに襲われるパニックもので描くと、これまでのこのシリーズとは大きく雰囲気が変わったかもしれません。今作は小粒な感じですが、予定されている第3弾がスケールの大きなものだったなら、この第2弾はその繋ぎとなる物語なのかなと感じます。続編に期待です。

 

監督はJ. A. Bayona、出演はOwen GradyにChris Pratt、Claire DearingにBryce Dallas Howard、Eli MillsにRafe Spall、Franklin WebbにJustice Smith、Zia RodriguezにDaniella Pinedaです。

天使のいる図書館

映画 comments(0) - こぶたのゆう

 

2017年2月18日全国公開。

 

葛城地域観光協議会総会で発足した葛城地域観光振興シネマプロジェクトとして製作された『天使のいる図書館』です。撮影はすべて葛城地域で行われて、図書館もここに実際にあるものを舞台として使用しています。監督は長編デビュー作の「リュウグウノツカイ」がゆうばり国際ファンタスティック映画祭で北海道知事賞を受賞したウエダアツシ。主演は舞台となった奈良県ではないですが、となりの大阪府堺市出身の小芝風花。

 

吉井さくらは地元の図書館に司書として働いています。毎日決まった時間に自宅から自転車で通勤し、図書館ではレファレンスサービスを担当していました。しかしその独特な性格は利用者だけではなく、一緒に働いている同僚も戸惑うほどです。とても真面目で知識もまわりの同僚が目を見張るほどのものを持っているのですが、相手への対応は機械的で、人の気持ちがあまり分からないようでした。ある時図書館の外で困っているように見えた年配の女性を半ば強引に図書館に入れます。女性は1枚の写真を手にしていました。写真の場所に行きたいのだろうと考えたさくらは、彼女にその場所を教え、地図を貸し出します。次にその女性がやってくると、女性はとある神社の写真をさくらに見せました。それはさくらの実家の神社でした。こうしてその女性・芦高礼子と幾枚もの写真の場所を訪れるうち、さくらは礼子がある人の罪の償いのために写真の場所を巡りたいと考えている事を知りました。多くの知識があるさくらですが、ある1枚の鳥居の写真だけは知らない場所でした。そこでは若かりし頃の礼子と、その隣に一緒に写っている男性がいました。神社にいたお父さんの知り合いにその場所を知らないか預かった写真を見せたとき、そのうちの1人が一緒に写っている男性は以前文部大臣賞を取ったカメラマンだと教えられます。

 

全体的にほのぼのした調子で進むお話です。主人公の吉井さくらはかなり変わった子で、恋愛は子孫を残すための欲望に過ぎないだとか、歴史小説は史実と違う部分がどうしても受け入れられないとか、周りの人たちからすると、融通の利かない、人の気持ちの分からない人です。わたしも近くにこんな人がいたら近寄りがたいかな。でも、家に帰って家族と接する姿は同じ年ごろの女の子で、家の外での態度と家の中での態度の違いから、わたしは、さくらは人との接し方が苦手(わからない)でマニュアル通りというか定番の対応(それがずれているわけですが)をしようとしているように感じました。それは心からの対応ではなくて、こういう風にするのが手順としていいい、という感じです。それが、礼子との関りの中で少しずつ変化していく様子が描かれていって、後半自分の感情を外に出すまでなる過程はとてもドラマチックでした。登場人物が少なく、その中で幾つかの展開をしているので人間関係がちょっとご都合主義になっている部分はありますが、それでもすごく感動できるお話でした。見終わって自分の心の中に温かいものが感じられると思います。でも、さくらのあの機械的な応対は、ちょっと過剰かな、とも思います。

 

監督はウエダアツシ、出演は吉井さくらに小芝風花、芦高礼子に香川京子、芦高幸介に横浜流星、田中草一朗に森本レオです。

無料ブログ作成サービス JUGEM