第2次大戦下の1人の男性を描くラトビア映画 『City on the River』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年1月31日〜2月2日付のラトビア興行成績で第1位になったのは、第2次世界大戦下を舞台に2人の女性の間で揺れ動く男性を描くラトビア映画『Pilsēta pie upes』です。1月17日〜19日付で「Bad Boys for Life」「Dolittle」を抑えて1位になり、そのまま3週連続のNo.1です。Gunara Janovskaの1989年の同名小説が基になっています。ラトビアを中心にリトアニアとチェコが資金を提供しているので3国合作ですが、言語はラトビア語で製作されています。

 

Ansisは無実の職業を持っています。彼は看板や広告掲示板などを描く仕事をしています。彼の作品には戦前のラトビアの権威主義体制、共産主義者そしてナチスから需要があります。Ansisはユダヤ人の女の子Zislaを愛していますが、彼女のお父さんは2人の愛の道筋に障害を置きます。一連の誤解の後、Ansisはラトビア人の女の子Naigaのボーイフレンドになります。彼の町を破壊した3つの政権と彼の心を破壊した2人の女性との間で、彼はひとつの選択をしなければなりません。

 

監督はViesturs Kairišs、出演はDāvis Suharevskis, Agnese Cīrule, Gundars Āboliņš, Brigita Cmuntova, Juozas Budraitisです。

2020年 映画興行成績 第6週目

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年の第6週目の映画興行成績です。

 

全米映画興行成績

1(-) Harley Quinn: Birds of Prey

2(1) Bad Boys for Life

3(2) 1917

4(3) Dolittle

5(5) Jumanji: The Next Level

 

4236館というこの週末最大規模で公開された『Harley Quinn』が1位になりましたが、DCエクステンデッド・ユニバースの関連作品の中では低い数字となる3300万ドルでした。お話としては、「スーサイド・スクワッド」の後日譚となります。その他では、Top 30内に新作が1本もないという動きのない週末になりました。「スター・ウォーズ9」が5億ドル突破、「ジュマンジ2」が3億ドル目前です。来週末はバレンタインディ・ウィークエンドなので全国公開の新作が複数控えています。ロマンスの「The photorgaph」、コメディの「Downhill」、ホラーの「Fantasy Island」、家族向けの「Sonic the Hedgehog」です。

 

日本映画興行成績

1(-) ヲタクに恋は難しい

2(-) 犬鳴村

3(1) AI崩壊

4(3) パラサイト 半地下の家族

5(-) 劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー

 

1位はコミックが原作でテレビアニメにもなった『ヲタクに恋は難しい』です。土日2日間で16万9000人の人が観に来たそうです。2位は清水崇監督の、実在する心霊スポットを舞台にしたホラー『犬鳴村』。海外の映画祭でも賞を受賞しています。こちらは11万6000人の人が観に来ています。4位の「パラサイト」はアカデミー賞を受賞した事からさらに観客動員が見込まれていて、現在累計で113万人を超えている事から日本での韓国映画の興行収入記録の新記録の可能性(これまでは「私の頭の中の消しゴム」)が出てきました。5位に入ったのは、男の子とその親の安定した観客動員が見込まれる(女の子だとプリキュアシリーズ)『騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー」でした。

ギリシャで最も偉大なソングライターの生涯 『Eftyhia』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年1月23日〜26日付のギリシャ興行成績で第1位になったのは、ギリシャで最も偉大なソングライターのEftichia Papagianopoulosの生涯を描くギリシャの伝記『Ευτυχία』です。この映画は去年の年末に公開されて、12月26日〜29日付で第1位(公開はその前の週からなので2週目で1位獲得、その最初の週は「スター・ウォーズ」が1位でした)になりました。この時の週末の興行成績は2019年で3番目の記録。年が変わって第1週〜2週、そして1週空けて(「1917」が1位になりました)この週にも1位になっています。去年公開の映画なので集計は2019年度に入りますが、現在年間3位という大ヒットです。この人はVassilis TsitsanisやApostolos Kaldaras、Manos Hadjidakisといった作曲家と一緒にギリシャの多くの人気の曲の作詞を手掛けますが、1972年に亡くなるまで一般の人たちにはあまり知られていませんでした。

 

結婚しているまだ若い女の子は、彼女の母親と2人の娘を連れてアイディニからギリシャに向かっていました。彼女はその道中の船の中で、自分の好きなように人生を歩む決心をします。彼女はナプキンからタバコの箱から紙幣に至るまで、書けるものには容赦なく書いていきます。タバコを吸い、情熱的に故意に落ち、豪華なリビングルームだけでなく、違法な地下室でギャンブルさえ行います。そして男性優位のギリシャの音楽界での地位を築いていきます。

 

監督はΆγγελος Φραντζής、出演はΚαρυοφυλλιά Καραμπέτη, Κάτια Γκουλιώνη, Πυγμαλίων Δαδακαρίδης, Θάνος Τοκάκης, Ντίνα Μιχαηλίδουです。

ベトナムの大ヒットコメディシリーズの第3弾が1位に 『Royal Bride』

- comments(0) - こぶたのゆう

2020年1月31日〜2月2日付のベトナム興行成績で第1位になったのは、ベトナムの大ヒットコメディシリーズの第3弾『Gái Già Lắm Chiêu 3』です。2位以下に大きく差をつけての1位獲得です。前作で自身の恋心に気づいたQuyênとNguyênのその後の関係が描かれます。第2作目は有名人のトークショウのホストをしているQuyênは自分のロマンスは考えていませんが、仕事の部下に素敵な男性Nguyênがやってきて…というお話でした。

 

前作の関係から、QuyênとNguyênとの関係はかなり深く進展しました。NguyênはQuyênをフエで行われるおばあちゃんの誕生日のお祝いに連れて行くことに決めました。フエは平和に見えますが、その中には嵐が隠されています。ここでQuyênはNguyênのお母さんに直面したとき、波乱の波が起こり始めます。彼の一族はロイヤル・ファミリーだったのでした。彼女は息子が彼女を連れてくる事に反対でした。お母さんは息子が一人で来るとしか聞いていないと意地悪を言い、さらにはNguyênの幼馴染の美しい女性まで彼に親しくします。一般人の彼女を決して認めないお母さんに対し、2人の愛はどうなるのでしょうか。

 

監督はNamcito, Bảo Nhân、出演はNinh Dương Lan Ngọc、Lê Khanh、Hồng Vân、Lê Xuân Tiền、Jun Vũです。

アンドロイドは人間の複雑さに困っています 『Perfect Man』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年1月16日〜19日付のロシア興行成績で第1位になったのは、近未来が舞台のロシアのロマンティック・コメディ『(НЕ)ИДЕАЛЬНЫЙ МУЖЧИНА』です。ロシアではこの週末最大規模での公開でした。面白いのはその前の週までロシアで1位を続けていた「ХОЛОП」がモスクワだけの興行成績では1位になってる事。人間のようなアンドロイドが一般的に仲間や召使いになった近未来で、ハンサムな男性の外見を持つアンドロイドが、その所有者の感情を理解するのが難しく、彼女の欲望を満たすことが不可能であると感じるというお話です。

 

Светеは人間関係で不運です。彼女はいつも男に適応しようとし、屈辱を与えられ、男に不貞を容認します。別の不運なボーイフレンドと別れた後、Светеはロボットを販売する会社で仕事につきます。それらはすでに日常生活の一部となっていて、人間と区別することはできませんが、彼らのクリエイターロボットの例では、人間の性格、ニーズ、習慣、弱点に敏感に反応することはありません。ロボットの1つにソフトウェアの故障が発見され、それをメーカーに返却したいとき、Светеはそれを買わせてくれと頼みます。人格の現れという技術的欠陥を受け入れ、彼女は彼と恋に落ちます。さらに、Светеは自分の人生を敏感で注意深く思いやりのあるロボットと結びつけたいと考えており、これが最も予期せぬ結果につながることになります。

 

監督はМарюс Вайсберг、出演はЕгор Крид、Юлия Александрова、Артем Сучков、Роман Курцынです。

2020年度 パニック・フェスト 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年1月23日〜30日にかけて行われたパニック・フェストの結果が発表されました。この映画祭はカンザス・シティのスクリーンランド・シアターズで行われる、ホラー・スリラー・SFの映画を中心としたものです。イライジャ・ウッドの「マニアック」のリメイクや、「What We Do in the Shadows」の北米でのデビューなどはこの映画祭が最初の公開となりました。今年が8年目となる映画祭で、映画の上映の他にレベッカ・マッケンドリーによるナイトメア大学などのイベントなども行われました。

カンザス・シティはアメリカのミズーリ州にありミズーリ州では最大の町です。カンザス川とミズーリ川が合流する地点を中心に広がっていて、地域によってミズーリ州側とカンザス州側に分かれます。ここは市内に200か所以上の噴水があって、噴水の町ともいわれます。またステーキやバーベキューでも知られ、BBQ Capotal of the Worldとも呼ばれます。位置はアメリカの中心部から右側に移動した所です。

 

今年度の出品作品は次の通りです。長編のみご紹介します。

 

長編映画

Color Out of Space / Two Heads Creek / Artik / Greenlight / The Room / Disappearance at Clifton Hill / Blood Quantum / Nightmare Radio / The Soul Conductor / Extra Ordinary / Rock Paper and Scissors / After Midnight / The Vice Guide to Bigfoot / Porno / The Stylist / VHYes / Sea Fever / Beyond the Woods / Rot / Puppet Killer / Blood Vessel / Uncle Peckerhead / Eat Brains Love / The Swerve / A Good Woman is Hard to Find / Swallow / Synchronic / Kindred Spirits / Deathcember / Scare Package / The Outsider / Blood On Her Name / To Your Last Death / James vs His Future Self / The Perished / Hardware / The Other Lamb / The Cleansing Hour / The New End / The Dare

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。

 

最優秀長編映画賞 Swallow

最優秀監督賞   Carlo Mirabella-Davis "Swallow"

最優秀男優賞   Jeremy Gardner "After Midnight"

最優秀女優賞   Azura Skye "The Swerve"

観客賞      Extra Ordinary

 

最優秀長編映画賞と最優秀監督賞に選ばれた『Swallow』は、ハンターは表面上はすべてを手に入れているように見えます。この初めての妊婦になった専業主婦は、快適な我が家と理想の夫とともに時間を過ごす事に甘んじているように見えます。しかし、彼女の支配下にある親戚と会ったり期待が大きく育っていくのに直面するにつれてプレッシャーも大きくなっていきます。彼女が慎重に作り上げた見かけにヒビが入り始め、ハンターは過去の暗い秘密に逆戻りしていきます。それはピカと呼ばれる稀な障害で、それは強制的に食べたりのみこんだりしてしまいます。時には危険なものまで、というアメリカのお話。

最優秀男優賞に選ばれた『After Midnight』は、彼の長年の苦しみとなっていたガールフレンドが不可解なメモを残して突然失踪し、ハンクの快適な生活と彼の正気にヒビが入り始めます。そして彼の家を取り囲む森から、何か恐ろしいものが入り込もうとしています、というアメリカのお話。

最優秀女優賞に選ばれた『The Swerve』は、高校の英語教師ホリーは母性に対しストレスと感謝されない気持ちをいつも感じています。夫は明らかに浮気していますし、2人の息子は彼女にとってはケダモノのような存在でした。彼女のアルコール依存症のシスターは彼女をあざ笑い、彼女のお母さんでさえ彼女をけなします。毎日が同じこのパターンの繰り返しですが、ホリーのコントロール外のものが影響を与え始め、この繰り返しが崩れ始めます、というアメリカのお話。

観客賞に選ばれた『Extra Ordinary』は、アイルランドの田舎の孤独なドライビング・インストラクターのローズは、超自然的な力を授かります。彼女はこの才能を時に愛し、時に憎みます。そして地元の人たちの精神関連の要求を無視しようとします。クリスマスシーズンの冬、一発屋のロックスターが自身の栄光を取り戻すために悪魔と契約を結び、地元のティーンエイジャーの女の子に呪いをかけます。女の子のお父さんはローズに助けを求めます、というアイルランドのベルギーの合作。

失われた宝物を求めて冒険が始まる 『Lees Baghdad』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年1月31日〜2月2日付のエジプト興行成績で第1位になったのは、失われた宝物を求めてYoussef el-Rawiが冒険を繰り広げるエジプトのコメディ・アドベンチャー『لص بغداد』です。4週連続No.1の「Elfelos」を2位に降ろしての1位獲得です。エジプトでの公開をはじめとして、次の週にはイラン、カタール、サウジアラビア、ヨルダン、レバノン、バーレーン、UAEなどの国でも公開され、さらにはアメリカやカナダでの公開も予定されているようです。この映画はシナジー・フィルムズとモハメド・イマールの2度目のコラボレーションとなります。

 

サスペンスと興奮の雰囲気の中で、映画の主人公が何世紀にもわたって探してきたアレクサンダー大王の墓の謎を明らかにすることに興味を持っているときに起こるコメディの冒険を中心に展開しています。

 

監督はAhmed Khaled Mousa、出演はMohamed Eman、Yasmin Raeis、Fathy Abdel Wahab、Amina Khalil、Mohamed Abdul Rahmanです。

フィンランドの画家ヘレン・シャフルベックの物語 『Helene』

日記 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年1月17日〜19日付のフィンランド興行成績で第1位になったのは、フィンランドで最も愛される画家の1人ヘレン・シャルフベックを描くフィンランド映画『Helene』です。ここから3週連続のNo.1になっています。同じ週に「Bad Boys for Life」「Dolittle」も公開されましたが、それらを抑えての1位。さらに次の週には「1917」も公開でしたがそれも抑えています。現在ではフィンランドで愛される画家になっていますが、当時は同世代の人からは批判されていました。映画では彼女と若い絵画評論家のEinar Reuterとの恋愛も描かれます。日本では2015年に東京藝術大学大学美術館で「ヘレン・シャルフベックー魂のまなざし」展が開催された事があります。

 

1915年、ヘレン・シャルフベックは高齢のお母さんと一緒に農村部で忘れられた芸術家として暮らしています。前回の展覧会から多くの年月が経ち、ヘレンは自分の情熱のためだけに絵を描き続けています。しかし、アートトレーダーがヘレンとこの159枚もの素晴らしい絵画を見つける事ですべてが変わります。 そして、大規模な個展を開催したいと考えています。しかし、ヘレンの革命的な瞬間は、彼女がEinar Reuterと出会ったときに訪れました。若いエイナーはヘレンの作品の情熱的な崇拝者です。彼はヘレンと次第に親密になっていきます。

 

監督はAntti Jokinen、出演はHelene Schjerfbeck にLaura Birn、Einar Reuter にJohannes Holopainen、Helena Westermarck にKrista Kosonen、Magnus SchjerfbeckにEerp Ahoです。

2020年 映画興行成績 第5週目

- comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年1月31日〜2月2日付の映画興行成績は次のようになりました。

 

全米興行成績 Top 5

1(1) Bad Boys for Life

2(2) 1917

3(3) Dolittle

4(-) Gretel & Hansel

5(5) Jumanji: The Next Level

 

「Bad Boys for Life」が3週連続のNo.1。先週4位の「The Gentlemen」が6位に後退して、代わりに初登場したのが「Gretel & Hansel」です。名前の順番も反対ですが、姉と弟というように設定も逆になりました。年齢も上げてホラー映画になっています。その他は先週と変わらず。大体1月・2月は年間でも興行収入が落ちる時期なので、あまり変動はなさそうです。来週は「スーサイド・スクワッド」のその後のハーレイ・クインを描く『Birds of Prey』が予定されているので、この分だと1位になりそうです。

 

日本の興行成績は次のようになりました。

日本興業成績 Top 5

1(-) AI崩壊

2(1) キャッツ

3(4) パラサイト 半地下の家族

4(2) カイジ ファイナルゲーム

5(3) アナと雪の女王2

 

「22年目の告白 私が殺人犯です」の入江悠監督のサスペンス『AI崩壊』が1位。医療AIが暴走して生きる価値のない人間を殺し始めるという近未来が描かれます。主演は大沢たかお。韓国映画の「パラサイト」が3位にアップしました。世界中で大ヒット中の「バッドボーイズ フォー・ライフ」が初登場6位、同じく「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」が8位初登場です。日本映画では、幻のお宝をめぐって古物商と陶芸家が騙しあいを演じるコメディの第2弾「嘘八百 京町ロワイヤル」が初登場9位。それぞれに中井貴一と佐々木蔵之介が演じます。

2020年度 ジェラルメ国際ファンタスティック映画祭 結果発表

映画祭 comments(0) - こぶたのゆう

 

2020年1月29日〜2月2日にかけてフランスのジェラルメで行われたジェラルメ国際ファンタスティック映画祭の結果が発表されました。この映画祭は1973年から1993年までアヴォリアッツで開催されたアヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭を前身として、1994年から現在のジェラルメに場所を移して新しくスタートしています。日本映画の受賞歴としては、2003年の「仄暗い水の底から」と2014年の「Miss Zombie」がグランプリ、2004年に「カタクリ家の幸福」が特別賞を受賞しました。今年審査員賞を受賞した『Howling Village』は清水崇監督の「犬鳴村」の英語タイトルです。6年ぶりに日本映画の受賞作が誕生しました。

ロレーヌ地方の湖の町として知られるジェラルメは、パリ東駅からTGVで2時間30分ほど行ったルミルモンからさらにバスで20分ほどの場所にあります。ここのお土産はベルガモットキャンディだそうです。

 

今年の映画祭に出品された作品は次の通りです。主なものをご紹介します。

 

長編映画競争部門

Snatchers / Howling Village / Blood Quantum / Vivarium / The Vigil / Sea Fever / Saint Maud / Répertoire des villes disparues / 1BR: The Apartment / The Room

短編映画競争部門

Tempus Fugit / Nouvelle saveur / Figurant / Dibbuk / Boustifaille

非競争部門

Jumbo / Warning: Do Not Play / The Lodge / SamSam / Rabit / Memory - The Origins of "Alien" / Leap of Faith: William Friedkin on "The Exorcist" / La Dernière Vie de Simon / I see you

 

そして各賞の勝者は次のようになりました。

 

グランプリ(長編) Saint Maud

審査員賞      Howling Village

批評家賞      Saint Maud

観客賞       1BR: The Apartment

ヤング審査員賞   Saint Maud

グランプリ(短編) Dibbuk

 

長編部門のグランプリ、批評家賞、ヤング審査員賞を受賞した『Saint Maud』は、住み込みの看護師モウドは、有名なダンサーで今は病気で広大な屋敷に閉じ込められたアマンダの家に到着します。最初、アマンダは気晴らしを提供するこの宗教的な若い女性に興味を持ちます。一方モウドは彼女の新しい患者によってとりこになりました。しかしモウドは彼女の見た目そのものの人物ではありませんでした。彼女は過去の暴力的な秘密と、彼女が神から直接受け取ったと信じているメッセージによって苦しめられています。彼女はアマンダの魂を救うために使わされた者であると確信します。必要なあらゆる手段によって、というイギリスのお話。

審査員賞を受賞した『Howling Village』は、臨床心理士の森田奏の周りで奇妙な出来事が起こり始めます。奇妙なわらべ歌を口ずさみながらおかしくなった女性、行方不明になった兄弟、繰り返される不可解な変死など。それにはひとつの共通点がありました。奏はその共通点となる心霊スポット「犬鳴トンネル」に向かいます、という日本のお話。

観客賞を受賞した『1BR:The Apartment』は、彼女の夢に従うために痛みに満ちた過去から逃れたのち、サラはに完璧なハリウッドのアパートを手にします。しかし何かが正しくありません。不眠症になり、奇妙な騒音と脅迫的な音に苦しめられ、彼女の新し生活はすぐに解明し始めます。彼女が恐ろしい真実を知った時には、時すでに遅かったのです。目の覚めている悪夢に捕らわれ、彼女は崩壊しつつある正気にしがみつかなければなりません、というアメリカのお話。

短編部門のグランプリを受賞した『Dibbuk』は、パリ19区のユダヤ人コミュニティのフリンジに住んでいる敬虔な男ダンは、明らかに正常でない夫のエリを調べるためにサラに呼ばれます。彼は、精密で厳しいエクソシストの儀式をするという10人のイスラエル人からなるグループ「Minyan」を組織します、というフランスの34分のお話。

無料ブログ作成サービス JUGEM